はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

出発のサイン

◆ナシナさん
 >わざわざ地雷を爆破させたのは、病院内の人々を避難させたものの、そのまま放置しても危ないと判断して始末したのかと思いました。
放置は放置で確かに問題なのですが、ああいう時こそ、過去に使った冷凍弾や、レーザービーム(なんか凄そう)を持ち出すなどすればいいのになーというのがどうにも最後まで残念でした(^^;
 >今までの戦いの中でナイフがあったからこそ危機を脱したり、精神的に救われる場面があったら、大分見方も印象も変わるかと思うと、残念な気持ちになりますね。
そういう引きネタの難しさはわかりますが、もう少し何とかしてほしかったですよね(^^; それこそ本来は、光線銃がそういう絆アイテムだったわけですし。
 >超生物的な存在であるラスボスが満身創痍でほぼ生身の人間にプロレス技で投げ飛ばされるって、新鮮というか、何というか。
エイリアンにはプロレス技が有効という、時々、変なところで一貫性が生じる『ブルースワット』(笑)
 >何だかキャラ描写が、数々の星々を侵略した組織の最高権力者という設定とかみ合っていないという印象ですね。
原点回帰、と言おうといえば言えるのかもしれませんが、なんというか先日の「私が大首領だ!」と同じ手法な気がします(笑)
 >クイーンを服従フェロモンで操り、ボスの権威と風格を地に落としたりと、都合で一方を上げるときに別の一方を下げたように見えてしまいました。
悪の概念が服従フェロモンで操られたと考えると凄まじすぎて、全然調整しないでどさくさでそういう設定になったのだろうか……と(^^;
 >振り返ると、ジスプ一派は尖兵部隊なので、後に控える強大な本隊が来る前に叩き潰せば何とかなるみたいな指針だった筈が
当初は、全体像の見えない敵、というのを面白みにしようとしていたのでしょうが、結局、スペースマフィアの設定と規模がフラフラしすぎて、上手く活かせませんでしたねー。
 >プラチナムは私が分かる限りで"距離感が掴めなかったキャラ"トップレベルに入りますね。
距離感が掴めない、というのは凄くわかります。視聴者とに距離を近づける作業を一切していないのに、劇中でのショウ達との距離だけ、勝手に縮まっていくんですよね(^^;
 >何故かプラチナムに見いだされ、一人だけパワーアップし、扱いがいいようで、成長描写は一番空っぽだった気がします。
ショウは初期の特徴が最終的にほとんど消えてしまいましたね……残ったのは「OK!」だけという恐ろしさ。
 >今の落ち着いていて丁寧語で喋るシグって、広瀬氏に影響されたものであって、憑依する前のシグが必ずしもこういう性格だったとは限らないんですね。
その辺りもうちょっと踏み込んで、便利な超能力者だけでない、宇宙人としてのシグは描いて欲しかった部分です。
 >ショウ&サラのエピソードってあまりないですし、互いに恋愛感情を持っているように見えないので、本当によく分からないオチですよね。
率直に付け合わせ感覚ですよねー(^^; 上でおっしゃられていたように、実際にはショウ自身の薄さもあるので、2人で1セット、ぐらいの意識だったのかもしれませんね。
 >そして、見事にスミレの扱いがぞんざいに。
スミレは完全に、この1年間の物語による変化が一切見えないという……それはそれで強さかもしれませんが、終盤、幾つか要素を拾おうという姿勢が見えていたのに、結局、最終回はショウとプラチナムの話だけ強引にまとめた形になってしまいましたね。
 >話によっては様々なゲストキャラが大きく関わってきたのですが、その人たちは無視ですか。
初期コンセプトを押し通す事を優先して、中盤の物語的な変化をナレーションでざっくり無視してしまったのも、残念でした。
 >あと、彗星問題はどう回避したことになっているのか気になります。
原因不明の謎の消滅……?(笑)