はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

第23話「怪獣と処女」感想

センパイ、あっさり三十路を迎える。
さすがにキャラクター個々に持たせたテーゼ全ては統合できなかった感じが漂いますが、ここから最終回でどこまで拾えるか何とも言えないので、最終回見るまで色々保留。
それにしても、“悪とレッテルを貼り付けた存在によって社会が回る”というのは、今作のテーマの一つが「戦争」である事を考えると、物凄く凶悪なメタファー。
世界に必要なのは、正義ではなく、悪なのかもしれない。
果たして爾朗は、そんな世界にどう対峙するのか。
最終回、楽しみです。