はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

2人の正義

◆wander_sheepさん
 >爾朗を「対等な存在」の、同志として見ていたただ一人の存在が、実は来人だったのかなと思えてきました・・・。
言われてみれば、爾朗が冗談交じりに茶化したりする相手って、来人だけだったかも……。後半戦、妙に爾朗が来人と距離感近いのは、そういう扱いから感じる居心地の良さというのがあったのかもですね。
 >前作っぽい作劇を制作サイドがまだちょっと引きずってる気がして、ハラハラします。
この、急に風呂敷を大きく広げてみるのは、宮下さんの癖なんですかねぇ……(^^;
 >というかてっきり変身できなくなったのは、昆虫アーマーがそう判断したのだと思い
拓也の意志と昆虫魂のズレ、みたいなのにスポット当たるのかなーと思ったら、違う方向に行ってしまったのは私も残念でした。
 >「敵に制御を奪われないためにしばらく変身するわけにいかず、その中でどうやって2人を取り戻し敵の作戦を阻止するか」
話としてはアーマー制御不能に焦点を合わせた方が面白くなりそうだったのに、とにかくビートマシンの活躍シーンに繋げる為に話を端折ったみたいな感じになってしまいましたね(^^;