はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

走ったら飛び出した

◆さやまきさん
 >加速実験してたら並行世界の地球(スーパーガールの)に飛び出してしまった
遡れば元々はそのぐらいの時代の作品ではあるのでしょうが、凄く1930〜40年代のSF臭がしますね(笑)
 >ヒーローをかき集める役目をフラッシュが担うのかなぁとも解釈できましたね
世界を繋ぐ存在というのは格好いいですねー。性格的に鬱屈はしているけどひねくれてはいないのも、向いている所でしょうか(笑)
◆あきさん
 >「ジニス様お疲れ!もはやデスガリアンに長居は無用」とばかりにさっさと取り上げたのではないかと、密かにスタッフの外道さを疑っております(^^;。
新ロボをジニス様が用意してくれる、という設定が上手く転がりすぎて、なんだかビジネスライクになった感は確かに(笑)
 >また洗脳解除までのドラマよりその後を描くことの方が優先順位が高いのかもしれませんね。
予告の雰囲気では、今作のテーマ的には次回の方が中心になりそうな感じでしたねー。今回の少々物足りなかった部分を、補う展開を期待したいです。
 >初めて自分への絶対的服従に失敗してグラスぱりんのジニス様やデスガリアン内部に変化は訪れるのかとか。
ジニス様にはもう少し余裕を見せて欲しかったのですが、またまた器がちょっと心配になってきました(^^; アザルドとクバルがダブルで地上出張という展開は単純に面白そうで楽しみです。