はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『無限がいっぱい』(ロバート・シェクリイ)、読了

名手シェクリイの短編集。もともとシェクリイは好きなのですが、やっぱり面白いなぁ。
特にお気に入りは、地球の生活に馴染めず独り辺境の惑星に移住した青年が、一世代前の航行システムを用いて辺境宇宙を飛んでいた事で現代地球の科学技術に取り残されていた移民船と接触し、その惑星の“先住民”と間違えられて……という「先住民問題」。文明の傲慢さを逆説的に描き、皮肉と風刺、ブラックユーモアが利いていて面白かったです。
全体的に、ブラックユーモア系の作品が多く収録されているのですが、巻頭「グレイのフラノを身につけて」と巻末「愛の語学」が、恋愛をテーマにした、洒落ていながら実に馬鹿なジョークという構成も秀逸。