はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

よい子わるい子ふつうの子

◆あきさん
 >上手く妄想とサワオのキャラで全ての要素を出してカオスに見せつつ整理しながら一旦は明るく着地させましたね。
“戦隊”としての配慮もあったのでしょうが、サワオの罪の意識を放り捨てず、かといってジューマンを含む既存メンバーとの雰囲気も悪くせず、と結果的に上手いバランスになりましたねー。
 >しかも3匹がこれからも出てくるなら、コメディ系だけでなく切ない系にも話を振ることができそうで。
サワオの心の問題の象徴でしょうから、時々引っ張り出してほしいですね。妙に生き生きしてキャラとしても面白かったですし。
 >「また香村さんが妄想という武器を手に入れた!」と楽しみが広がっております。
アキバレンジャー』は未見なのですが、過去にも妄想の駆使があったんですね(笑) いやぁしかし、香村さんがここまで引き出し広いとは、正直予想以上でした。
 >ジューマンぬいぐるみは販促で無理やり入れたんでしょうに、ちゃんとサワオの対人距離のわからなさを表す小道具になっていて凄いですね。
これは友達いないわー……という具体例として最高でした(笑)
◆ナシナさん
 >すぐに自分の世界に入り込んでしまうあたり、ジュウオウザワールドのワールドって、そういう所以から来たネーミングかもしれません。
ああ!(笑) ザワールドどこから出てきたのだろう、とずっと悩んでいたのですが、今凄く納得を。
 >セラの言う通り、ある意味メンタルは図太いギャップが面白かったですし、社交辞令の下りといい、全力でキャラを壊しに行ってましたね
追加戦士は既存メンバーとの関係性が毎度難しいですが、サワオの場合、むしろ他人と交流しないと駄目だ、としてきたのは上手いですねー(笑)
 >余計に罪悪感を募らせてしまうのも無理はないかなと思いました。
無茶苦茶だけど根は真面目で、真面目だから悩む、というのはサワオの良かった所ですね。
 >ハッキリと妄想と断言し、明るく煽ったりと、ひょうきんに書かれてましたけど、今後も要所要所に出てきて盛り上げてほしいです。
妄想が自ら「妄想」と断言してきたのは、やられた、と思いました(笑) ちょこちょこ出番欲しいですね。
 >不死身だということですが、実は弱点に当たるピースがあって、それを突いて倒すか、いっそ倒せないのなら、封印するなりして攻略していくのでしょうか?
アザルドはパターン的には、あの大量の四角のどれかがコア部分って感じですよねー。割と幹部2人が強いので、撃破に向けてどういう流れを組んでいくのかは楽しみな部分の一つです。
 >私もジニスにはどんなアクシデントにも動じない、むしろ楽しんでいるスタンスの方がボスらしい余裕と威厳が感じられると思います。
もうちょっと、これはこれでアリ、みたいなのが欲しいですよね。そこまで大物でない設定なのか、今ひとつ描写が上手くいっていないのか、というのも微妙な所ですし。
 >サワオの"ジューマン異種交流"の最初の相手に相応しいと思います。
女子はハードル高すぎるので、まずは、似たもの同士からと(笑)
◆マットさん
 >サワオ君はちょっとキョウリュウゴールドも連想しました。
あちらも罪悪感を持ったズレ系でしたね……やはりこのまま、「調教」されてしまうのでしょうか(笑)
 >1.命を奪うことの罪の意識は持ち続けながら
 >2.その罪悪感に押しつぶされることなく「より良い生き方」に努力する
コミカルにまとめつつ、そういう芯のポイントは外していないので、物語としてすっぽ抜けた感じが無いのが、良かったですね。サワオが明確に成長要素を持っているので、意識の変化に綺麗に繋がりそうですし。
 >あとあだ名で呼んでほしいワールドさんはやっぱり「サワオ君」呼びででいいと思いました。
妄想フレンズ由来のまさにソウルネーム……(笑) 実際、「ミッちゃん」は前作の「キンちゃん」と命名法一緒すぎなので、もう一ひねり欲しかったなぁ、とは思いました。…………ミッシー?