はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

飛べ飛べ高く空をゆけ

◆さやまきさん
 >ブヒブヒなのになんて深いシナリオなんだ〜(笑)
片方でブヒブヒして、片方で人間の薄暗い部分を描いてしまうというのは、毎度の事ながら凄いセンスで(笑)
 >これなら最初から麗だけで進めて男性陣はブヒブヒ言わせて無力化されてても良かったような
ナマケモノ回がそういう感じになったので、被りを避けたのですかねー。意外と個人単位で怪人を倒してしまえるので、作品としてどこまで3人縛りへの意識があるのかは、今作ちょっとわからない所ありますよね(^^;
 >なんにせよライトタッチだからこそ出来た突き抜けっぽいのでこの後も上手く噛み合って行くと良いのですけどね〜
ある意味で、“らしからぬ”堅実な仕事ぶりですが、その中で癖はしっかりつけてきているので、今後も楽しみです。
◆aaさん
 >あれ後日アイドルを追いかけまわしてた連中に悪意を持ってニュースにされて炎上するんじゃないかな…
 >と思えてあんまりハッピーエンド感を感じられなかったのが残念です
あのマスコミ連中、やたら悪質でしたよね(^^; 事務所の力が弱いのだろうか、とか余計な事を考えてしまいました。今回の話を通して、守がアイドルを守っていける強さを手に入れて……みたいな流れがあればまだ良かったですけど、ちょっとその辺り弱い感じでしたね。
◆wander_sheepさん
 >あまりに類型的な「スクープの為なら何でもやるマスコミ」の描写には、少し疑問を感じてしまいました。
今作の場合、ジャマールの存在が公っぽい事も考えると、ちょっと雑になってしまいましたね。
 >前回あたりから代わりに麗の声を担当しているのが、ジェットマンのマリアを演じた方だそうで
おお、ありがとうございます。本当にマリアだったとは。
 >守が「ひとりの人間としてのかおる」を知り、改めて惹かれていく、と展開できそうなのにそうはしていない。
かおるが守に対して好感を抱くのはわかるとして、守の方はずっと、アイドルのかおるしか見てないですものね。そのギャップを埋めるような要素があれば、ラストの感触もまたちょっと違ったのですが。
 >(アイドルは衣装のままでニコニコしながら、お花摘んだり果物集めたり工具で遊んでただけですし)
 >守の「恋に恋する状態」は、かなり意図的に描かれたのかも知れないなぁと。
アイドルが、過度に純真な少女めいて描かれているのは、やはり意図的な気配が強いですよねー。
 >今回の「マイルド風味のハッピーエンド」は、時にはこういう話もありだなぁとわりとすんなり思えました。
その辺り、初タッグの渡辺監督との押し引きで、演出陣入れ替えによる科学反応が出たのかなーとも思うと、それもまた、こういう作品の面白さですね。