はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

しかくさんかくとにかくまったくきよくただしくかぶたっく

スーパーチェンジ。
〔『仮面ライダーエグゼイド』/TV朝日公式〕
次期ライダーが情報公開されましたが、三白眼とは思い切ったなぁ。目玉を気にせず全体のシルエットだけ見れば、ライダーアイの範疇、という事なのでしょうが。
で、公式サイトのリリースで凄く気になったのが、


 今回の『仮面ライダーエグゼイド』のもう一つの特徴は、戦いにデジタルゲームで見られるビジュアル効果を盛り込むところ。エグゼイドとバグスターとのバトルシーンでは、バトルゲーム的なヒット演出、アクションのゲージ、対決のVS表示、武器のボタン操作など、これまでの「仮面ライダーシリーズ」にはない見た目の楽しさを表現していきます。
……て、それはつまり、我が偏愛する『電磁戦隊メガレンジャー』20周年オマージュという事ですね?!
まあ『メガレンジャー』においては、当時の技術による理想と現実のギャップが激しかったのか、あえなく轟沈していつの間にか無かった事になっていた要素ですが、果たして、効果的に用いる事ができるのか。技術的には格段に進んでいるわけですし、もしかしたら、20年前に『メガレン』がやりたかったものが見られたりするのか。
さすがにバンダイ側からその方面のアドバイザーなり何なり入りそうですが、“ゲーム的演出”って、絞れば的を外す確率が上がるし、普遍性を高めようとするとチープになりがちだし、世代を貫ける共通幻想の最適解が難しい面もあると思うので、その辺りは単純に心配でもあります。ライダーのデザインを見る感じ、がっつりキッズアニメ文法で作る可能性もありそうですが。
中澤監督がパイロット版に入るようなので、今季後半はライダーに回るのかなー。