はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『仮面ライダーオーズ』感想23

あ、れ? …………ぎゃーーーーーーーーーーーーーー。なんか、いつの間にか、配信が週2→週3に変わってる……!
ショッキング……。
◆第35話「夢と兄とバースの秘密」◆ (監督:田崎竜太 脚本:毛利亘宏)
というわけで、見損ねました(^^;
仕方が無いので公式サイトを覗いてストーリーを補完。
前回の、色々な出来事!
一つ、服飾学校のコンクールに優勝した比奈は、世界的デザイナー(影丸茂樹!)にスカウトされる!
二つ、そんな比奈に「おめでとう」と告げるなど、前回吸収合併されそうになった後遺症か、様子のおかしいアンク!
三つ、カザリと子アンクに襲われたウヴァは赤いコアメダルを奪われてしまう!(涙)
四つ、ドクターにより人の夢を無にするユニコーンヤミーが生み出される!
五つ、伊達明の脳には弾丸が入っている事が判明する!
六つ、兄の事を心配して留学の話を受けるべきか悩む比奈は、ユニコーンヤミーに夢を吸い取られてしまう!
七つ、ウヴァがカザリと戦い、カザリの持っていたガメルとメズールのコアメダルを奪い取る!
八つ、どさくさに紛れてそのコアメダルをかっさらうアンクだが、体を離れた隙に、何故か泉刑事が意識を取り戻す!
…………って、伊達さんの行動・言動がやたらめったら格好いいのって、常に死の淵で脳汁とアドレナリンが出まくりで、最初から最後までクライマックスだったからなのか!
配信期間ギリギリに慌てると困るので、とりあえず、第36話は見て感想書きました。前編見ていないので、大雑把めな感じ(^^; うーん、ちょっと見るタイミングのルーティーン変えないとなぁ……。


◆第36話「壊れた夢と身体とグリード復活」◆ (監督:田崎竜太 脚本:毛利亘宏)
泉刑事は己を取り戻すも気を失い、伊達はウヴァを追い払うも倒れ、そしてアンクは宙ぶらりん。一行は里中の車で病院へ急ぎ、泉刑事は意識不明ながらも、アンクがついていなくても大丈夫に。ところが、ユニコーンに夢を吸い取られてしまった比奈は、「学校なら、もう辞めます」と映司に告げるのであった……。
ここで、意識が無い筈の泉刑事が
「夢だったじゃないか、比奈……」
と呟くのは、良いシーン。
結局この後、泉刑事はアンクに再憑依されてしまうので、あまりに短い復活にして見せ場ここだけでしたが!(笑)
その頃、ウヴァはカザリから奪ったコアメダルと、内職で貯め込んだセルメダルを用いてメズールとガメルを復活させようとしていた。
「復活して、俺より強くなられても困るからな……これくらい、抜いておくか」
いちいち小物です。
「メズール、そしてガメル……復活の時が来た!」
ウヴァの小細工により、メズールは3枚、ガメルは4枚のコアメダルで、約20話ぶりの復活。OPにはずっと居ましたが、長いインターバルでした(^^;
翌日、再びユニコーンが行動を開始し、映司は一晩雨に打たれながら野宿していたアンクと合流。この後のシーンを見ても、紫のメダルの影響なのか、どうやら映司はヤミーの気配を感知できる体質になっている模様。
映司はシャクジャーターに変身し……凄い色彩(笑) 前々回、何故かサウバを凄く嫌がっていた映司ですが、凹凸の少ないシャチヘッドと、肩が張り出したクジャクボディがミスマッチで、デザイン的には今回の方が酷いと思うんですが(^^; 見た目はともかくシャチヘッドのソナー機能を発揮してクジャクファイヤーをぶつけるオーズだが、ユニコーンは逃亡。
「夢が無くなったら、人間はどうなるんだろう……?」
被害者のその後を心配する映司は、泉刑事を見舞った病院で、夢を破壊された人間が昏睡状態になる事を知り比奈の家に急ぐが、そこでは比奈が大量の服を切り刻んでいた。
「どうしよう? 映司くん……大好きだったものが、大好きじゃなくなっちゃった。私、何したらいいんだろう……。ねぇ? 何していいか、わかんないよ……」
比奈も意識不明になってしまう一方、野生のアンクは、メズールとガメルにGETされていた。コアメダルを奪われそうになったアンクはなんとか逃亡し、再び泉刑事に憑依。
身体がないと、iPad使う時に不便だから仕方ない!
またもユニコーンが出現し、映司が夢を具現化されるが、出現したのは、凄まじく巨大な地球。その巨大すぎる夢に後ずさるユニコーンは思わず具現化を無効にし、その隙に映司はタトバ変身。
ここで、映司を夢を失ったわけではなく、奥底に隠し秘めているというのが明らかになりましたが、ヤミーが怯えるほどの巨大な夢、というのがなかなか怖い。
バースも合流してユニコーンを追い詰めるが、そこにウヴァ組が乱入。映司は自らの意志でプトティラに変身すると戦況をひっくり返し、ユニコーンを消し飛ばすとウヴァ組は逃亡。映司はなんとか理性を保ったままで変身を解除するのであった……。
一方、逃げた3グリードの前にはカザリとアンクが姿を見せて襲いかかる。
「待ってカザリ、アンクとあなたに付くから、ウヴァを倒して、コアメダルを分けない?」
はいメズールさん、早かった!
「メズール、そう言ってくれるのを待ってたよ」
「カザリが俺達を裏切った事を忘れたか」
「あら? あなただってそうじゃない」
哀れウヴァは4属性攻撃を受け、こつこつ貯めていた老後の資金を先物取引で溶かした感じで吹っ飛ぶ羽目に(笑) ウヴァ、出番が飛び飛びすぎてもう一つ存在感に欠けますが、ジェットコースター系悪役としては、なかなか良い感じになって参りましたので、捲土重来と更なる転落を等分に期待したい。
病院では比奈が目を覚まし……
「夢の中に……お兄ちゃんが出てきた。……叱られた」
「比奈ちゃん……どうする? アンクに、出てってもらう?」
映司、割とざっくり(笑)
まあ映司の場合、アンクが手だけでも「別にいーじゃん、あの屋根裏部屋で。ほら、小屋作ってやるから! その代わり、アイスは一日1本な!」で済ませそうですが。
「…………もう少し……お兄ちゃんと、一緒に居て」
比奈はアンクの憑依を許し、3人(4人)の関係は、もうしばらく継続する事に……比奈ちゃんのヒロインレース逆襲編かと思ったら、前編見逃した為に、後編はほぼ寝ていただけで終わった……!
そしてまんまとウヴァを乗せたカザリの思惑通り、ドクター屋敷に戦力を増して集うグリード達……だが、
(このままじゃすまさねぇ)
どっこい生きてたクワガタメダルがしぶとく転がっていた事を、カザリ等はまだ知らない。果たしてメダルの器は誰になるのか、ドクターの求める終末の行方は……次回、世の中、お金が大事。