はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

おまえのボタンは俺の物

◆さやまきさん
 >後藤ちゃんの扱いは遡ればアギトの要潤辺りまで行き付けそうで(オーズの初期印象がアギトぽいなぁと思った要因のひとつでもありましたが)
『オーズ』はその辺り、『クウガ』『アギト』その他と故意に重ねているのかなぁみたいな要素をちらほら感じます。
 >名護さんみたいな崩壊をせずに済んだ(これも伊達さんがいてくれたおかげか)
…………た、確かに、妖怪ボタンハンター2号になられても困りましたね……(笑)
 >海外に行くという名目で退場するのはよくよく考えたら昭和ライダーの定型でもありましたので
ああ、微妙に既視感あるなと思ったら、ショッカー南米支部と戦いに行く的な(笑)
◆ナシナさん
 >勿論劇中のカミキリムシたちに罪はありません。これが原因で絶滅したのなら、地味に生態系を狂わしているような。
戦いのスケール感の表現としては面白かったのですが、本当に良かったのかちょっぴり不安な(笑)
 >橋に落下した敵に対して、しっかりと追い打ちを入れるという容赦のなさ(これでさらに死体確認をしていれば、なお完璧だったのでは)
つい、街に自慢しに行ってましたね……(笑) なんか勢いで凄いビーム撃ってましたし、まだ底を見せてない感じなのも楽しみです。
 >逆にあの3人に飲まれて、ギャグ化せずに適度に緊張感を保ってほしいところです。わりと早めに仲間入りとかはしないですよね?
すっごく、不安です……(笑)
 >拓也の身に起きた異常現象の謎が残っていたりと、主人公らしくなってきました。
フォーカス当てるのが遅いなーと思ったら、新展開のキーにするという形で物語の中心に持ってきたのはちょっと驚きましたが、拓也にとっては良い形になりそうですね。
 >できるだけ分かりやすく3人均等に活躍の場を与えているように見えるので、主人公一強状態にならないですよね?
キャラ回の分散からして大丈夫だとは思いますが、とりあえず、武装強化展開があるのかどうかですね……(^^;
 >メンテナンス面の心配もそうですが、参謀要員どころかジャマールの重鎮っぽい人を、勝手に始末して大丈夫なのでしょうか?
普通は怒られそうですが、来週その辺りのやり取りが入る事を期待しています。
 >そんな自由なブラックビートですが、次回ギガロとの共同戦線で彼の協調性が試されます。
これもし順々に絡んでいくのなら、戦隊の追加戦士と逆パターンで面白いですね(笑)
◆micさん
 >Reverse/Re:birth(CD+DVD)カッコよかったですよ。思わず買いました。主人公のを差し置いて(笑)。
おお、映像付きのまで売っていたのですか。『オーズ』の挿入歌は、全体的に洒落ていて格好いいですねー。
 >伊達さんはコミカルで癒やし、更に師匠挌、という欲張りキャラであり、視聴者にも安心できる存在だったと思います。
これだけ要素てんこ盛りなのに嫌味が無い、というのが絶妙なバランスでしたね。言われてみると確かに、誰と関わっていてもキャラ負けしないところが安心して面白がれるキャラでした。