はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

われらおもうゆえに

◆マットさん
 >こういうのをさりげなく描くのが本作は上手いですよね。
細かい所がホント丁寧ですね。今回はさわおを一歩引かせて、ジューマンそれぞれにまたポイントを与えたバランスも良かったですし。
 >記憶を読まれたことに気付いて焦るクバルとか、大和の父親の話とか、興味を引き付ける「ヒキ」もお見事。
ここでクバルにスポット当ててきたのは非常に驚きました。
 >個人的には「鳥男は縁もゆかりもない知らない子を助けた」、「大和は純粋な人間だけどジューマンと仲良くなった」、
 >という設定の方が本作のテーマには沿っているようにも思うのですが、果たしてどうなるのか。
私も、父親と鳥男に直接の繋がりは無い方が好みなのですが、どう持っていくか楽しみですねー。そういう、想像を広げて楽しみやすい要素をポイントポイントで置いてくるのも上手いなーと思います。
◆ゴンベエさん
 >アムの「幽霊がはっきり見えていいの?」という台詞があったり今回はゴーストに対する当て付けなんじゃないかと思ってしまいました
面白い形で季節ネタを抑えてきたなぁと思ったのですが、そういえば、30分後の主人公がそんな状況でしたね……(笑)