はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

怪獣王

◆さやまきさん
 >ジュウオウジャーセミレギュラーの使い方も良いですよね〜
気持ち的には鳥男をもう少し見たい思いはある一方で、こういう使い方だから話が締まってるのでしょうねー。
 >あとはジューマンズがちゃんと底上げしてくれれば戦力バランスも良くなるんですよねσ(^_^;)
アニマル武装をこれ以上増やしてもという感じはあるので、鳥男のキューブ堀りが、ジューマンズの強化に繋がったりしてくれると良いなぁと期待しています。
 >ゲームだからイレギュラーな要因が楽しい
サワオ離脱でテンション下がっていたのは、敵に回られたのが腹立たしいわけでもなんでもなかった、という辺りは巧く繋がってくれましたね。
◆wander_sheepさん
 >その後の展開で、舞だけが重甲を解く姿をより際立たせるために序盤はあえて逆にしたのかなとも思いました。
恐らくそういう演出意図だったとは思うのですが、あれは私も、最近の事情を思い出してしまいました(^^;
 >この回は、あえてそういう要素はまったく入れず、シンプルな直球としての威力を見せてますね。
立場に合わせて書き方変えてこの水準なのは、やはり基本テクニックのある方ですよねー。安定して作品を引き締めていてくれて嬉しいのですが、どこかで余裕があれば、1話ぐらい暴投覚悟の全力投球を見たいです(笑)
 >ちなみに曽田博久さんの脚本でした。さすがの幅広さ・・・。ラストも印象深く、名編だったと思います。
おお、そうでしたか。曽田さんはここ数年間で、以前と最も印象が変わった脚本家かもしれません。
 >辛い経験をしたことにより、一気に戦士としての成長を遂げてしまったようですね・・・。
舞が重さがわかった上で引き金を引くようになっただけに、手段の選ばなさが恐ろしいですね……。
 >バングレイさん、まさかのタイムリーネタ?・・・非常に恐ろしかったですあのゴジラ
実はまだ『シン』見ていないのですが、つい思い描いてしまいました。
 >現状はほんと、タチの悪すぎるストーカーにしか見えませんよね。
その内に、「おまえを本当に理解できるのは俺だけじゃん」とか言い出しそうで怖いです(笑)
 >妙なライバル心を抱いてしまうという心理は、一応理解できてしまいます(苦笑)
それをギャグ風味にしつつも描いてしまうのは、今作、割と凄い所だなーと思います(笑)
 >ラリーさんは、親しくなった大和たちも鳥男のことをあえて黙っていたということですから鳥男にまつわる複雑な背景を感じますね。
短い時間で巧く興味を引くシーンにしましたよね。今回ラリーさんも出した事で、関係性をまた複層的にしたのは凄く冴えていたな、と。