はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

スペースパイレーツ

◆マットさん
 >この種のコラボは番外編のお祭り騒ぎと割り切った方が気が楽だったりするのですが、
最悪、脳内で無かった事に出来ますしね……(おぃ) 思い切った入れ方をしてきたので、次回うまくまとまってほしいです。
 >能力が「海賊版作成」だったり、もしかするとゴーカイジャーコラボを意識して作られたキャラかもしれませんね。
ああ成る程! 「海賊版作成」といわれてみると、バングレイの出鱈目な能力はもともとコラボから逆算して物語にはめていった、というのはかなりありそうですね。
 >単なる番外編以上の相乗効果も出せそうですが…ってのはハードルを上げ過ぎですかね。
ここまで良く出来ているので、ハードル上げたくはなるんですが(笑)
◆さやまきさん
 >僕も周りの友人達もスイッチ40個は盛り過ぎでしょ映画やビデオや雑誌付録で無理やり達成がせいぜいと当初は思ってたのですが…(苦笑)
気がつくとファイアで20個になっていて、ビックリしました(笑)
 >フォーゼ好きは集めるのに必死だった言ってましたww
この勢いだと、作る方も買う方も、確かに大変そう(笑) アタッシュケースはときめきますよねぇ……。
 >あとこれからのキャスティング絡みで何故かブレイドから2人も出演して
おおそれは、楽しみにします。
 >その前に龍騎と相棒でご活躍の佐竹先生の[バッドボーイ!]にヤラれてましたが( ̄▽ ̄)
神保悟志さんけっこう好きなんですが、あんな役で来るとは(笑) 何故か大文字父まで「バッドボーイ」だったので、あの世界の××年代で流行していたのでしょうか……。
◆wayさん
 >ジューランド関連は鳥男の言動から既に怪しいですが、劇中でもまさにタスクとかから怪しまれていて、既に危ない臭いでワクワクしますね!(笑)
いいぞ、どんどん来い! みたいな(笑)
 >太古の敵は映像見ると「倒された」のではなく「宇宙に放逐された」ようなので、
 >これがジニス(デスガリアン)と絡むというのが無難な気がしますが、どう活かされるか見ものです。
見返してみたら成る程、凍結した後に叩き出されて星になってるんですね。イメージではなくわざわざ等身大の敵だったので、どう繋がってくるかも楽しみですね。
◆ナシナさん
 >ごくあっさりと自然に"ゴミたちの怨念"と看破する拓也はやっぱり超速理解力の持ち主です。
なんか、微妙に普段から、見えないものが見ているのではないかという(笑)
 >でも、作中に出てきたバリカンに頭の毛を刈られた人たちはトラウマが残るだろうし、余計な溝ができたような。
題名からきちっとトラ刈りにするのかと思ったら、凄く部分で、割と酷かったですね(笑)
 >理髪店の娘もバリカンを通して、教訓に理解を示すのに、もう少し話に関わってきて欲しかったのは贅沢かもしれません。
私も、もう少し床屋父子が絡むのかと思ったのですが、どちらかというとジャマールサイドに尺が割かれた感じでしたねー(全体としてはそれで正解だったと思いますが)。
 >今回はドタバタコメディ調(それでも被害者には心の傷が残りますが)だったのに、美容院を瓦礫するシーンが浮いてました。
せめて助けに行く動きがあれば、いい方向に解釈できたのですが……(^^;
 >ソリの合わない部下をまとめるガオームも緩急のあるテンションで盛り立てるシュバルツも、
 >バリカン含むジャマールサイドのキャラが立っていましたね。
この辺り、台詞の応酬でキャラクター立てていくのが扇澤さんはやはり巧いですねー。
 >思い残すことなく眠っていたのが、無理やりたたき起こされるように、動かされていたのなら分かるのですが。
細かく設定する所でないといえばないのですが、もう一声あれば、エピソードの完成度上がった感じがあって惜しいですよね。
 >少女の切ない初恋の思い出に集約していて、関西弁キャラを含めて印象が強かったです。
スパイスとしての関西弁が、性格に合わせてキャラを立たせていて良かったですね。
 >あと、ジェラの優しくなだめつつも、甘く唆すような香の勧誘シーンが面白かったです。こういう交渉ができるんですね。
ここ数話、キャストを絞って3幹部も補強してきたのは、かなり良かったと思います。