はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「今日の遺伝子シンセサイザーは、最高の演奏だ!」

◆もりみやさん
 >こちらには、以前に『超新星フラッシュマン』の感想を検索していた時に辿り着きまして、
 >『社長』や『専務』といった表現があまりにしっくり来ていたために大爆笑し、それをきっかけに通わせていただくようになりました。
初めまして、ありがとうございます。感想企画始めたての頃に見て書いたというのもありますが、専務(リー・ケフレン)は自分妄想の中で妙にキャラが膨らんでしまって好きなキャラなので、そう言っていただけると嬉しいです。
感想、今後とも楽しんでいただければ、何よりです。
 >『オーズ』は、TVシリーズは好きでしたが映画は興味がなかったので今まで見ていなかったのですが、
 >もっと早くに見るべきだったと後悔する、納得の後日談でした。
映画で後日談って、本編好きだと二の足踏んでしまう気持ちはとてもわかります(^^; しかし今作はホント、『オーズ』としても1本の映画としても良かったですねー。
 >監督さんはよく存じませんが脚フェチなのかなと思いました(笑)。
坂本監督は基本的に、太股が大好きな方と思われます(笑)
 >弦太朗の告白あたりから「君が泣く時間くらい俺達が作る!」とその後の変身で一気に引き込まれ、以降は楽しく見ることが出来ました。
率直なところTV本編よりも、無茶苦茶だけど筋の通った格好いい主人公と、それを支える仲間達の構図に関しては、この劇場版の方が良く出来ていると思います(^^; 
 >キャラクターの好感度が一度上がると、それだけで今まで微妙に感じていたシーンも面白く見えるものなのだなぁと実感させられました。
特に『フォーゼ』は一見おふざけ感が強い分、そういう要素でだいぶ変わる所がありますよね。私も本編でメテオが気に入ってから、かなり見やすくなりました。
 >ヒロインの美咲撫子は、『みさき』という苗字、城茂役の弦太朗とのカップリング、ライダーに近いがライダーではない存在……など、
 >モチーフは岬ユリ子/電波人間タックルでいいのでしょうか。
ああ! なるほどピッタリですね。「なでしこジャパン」ってこの頃だっけ……という方に目が行って、全然気付いていませんでした(^^;
 >8号=筑波洋/スカイライダーに相当する登場人物
私も気になっているのですが、誰かわからないのですよねー。どこかにアナグラムで隠れているのかもですが。
 >フォーゼがスカイライダー役も兼任してるということなのでしょうか。
宇宙要素が目立ちますけど、空を飛び回っている事を考えると、これ、ありそうですね。
 >本編見てて、なんか何やってるかよくわからないシーンだなぁと思っていたんで、
上司殺害する時も使っていましたが、カンナギのブレス関係はちょっと謎でしたね(笑)
 >ちょっとシチュエーションは違いますが、スカイライダーの28話を思い出しました
多分、そういった70年代スポ根やヒーローネタのパロディだったと思うのですが、昔何かの小説で読んだ、「特訓とは無意味なものなのだ」という台詞が、忘れられません(笑)