はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

踊る天秤

◆さやまきさん
 >闇ユウキ編は今まで良くも悪くもブレないキャラだっただけに短いながらもなかなか緊迫した感じが出てましたね
ハイテンションキャラをシリアスに追い詰めた上で、最後まできちっとやり切ったのは良かったですね。最初の掴み以外で弱かった幼なじみとしての意味も出ましたし。
 >まぁアクセルとかバースとかビーストとか平成2号ライダーのテンプレではあるんですが(苦笑)
バースは最初からセルメダル仕様というのがありますが、メテオ(ストーム)はフォーゼとの力関係が曖昧なまま、どんどん自爆していくのがちょっと辛いですよね……(涙)
 >そしてなりふり構わない速水校長の引っ張り力がとどまるところを知らないですね( ̄▽ ̄)
2クールの終わりぐらいでリタイアしそうだったのに、まさかこんな事になるとは……(笑)
◆インザファイトさん
 >2話連続回が非常に多い作風が、来週のワクワク感を加速させてましたね。
劇の作り方が戦隊とは違うので、初見だと確かにインパクト大きそうですね。
 >ピクシズ(賢吾宇宙に幽閉)
思うに、仮面ライダー部最大級の危機でした……(笑)
 >ヴァルゴ(メテオシベリア行き)そしてこのジェミニ回(ユウキが入れ替わり、メテオ爆死)
メテオ……(涙) ジェミニ回は、存在の危機、という普遍的な恐怖を真正面からやりきった部分は良かったですねー。
 >いよいよ来週からはエグゼイドが始まりますね。医者とゲームというコラボがどこまでやってくれるのか、楽しみです。
くしくも『フォーゼ』の「学園」のように、「病院」という一種の箱庭世界で展開する作りなら、キャラ配置次第で巧く転がっていくと思うので、その辺り期待しています。
◆ナシナさん
 >そのエッセンスとして、なりきりヤンキーっぷりを楽しむつもりが、それどころではない感じになってしまいましたね。
後半のドラマに繋げる為にしても、舞の扮装やカズマの過去など、ヤンキー要素はあまり面白くなりませんでしたね。
 >しかし、傭兵軍団はとうとうジェラの人脈が尽きてしまったのでしょうか。
先日、色々集めに旅に出ていた筈なのに……(笑)
 >現地で人を洗脳し、傭兵に仕立てるという戦略って、ごくごく最初のお話しで行った街の人を暴徒化する作戦の発展形ですよね。
 >傭兵育成とちょっとニュアンスが違う気が。
本来はキャンプで育成した選りすぐりを怪人化する話だった筈が、アクションの都合で、ただの洗脳兵士も居る事になったりと、色々ちぐはぐでしたね……(^^;
 >ハイキング中に少し知り合ったレベルのカズマですら、舞のことをちゃんと思い出して気づいたので、余計に残念になってきます。
マンガ的お約束で、ちょっと変装したらバレない……はまあいいとして、その後、カズマにバレたのでまたおかしくなってしまいましたね……。
 >ボロボロになったビーファイター(ヒーロー)を見せつけられても、信じて歌い続ける子供たちの姿
「ヒーローを信じる」という事を、応援して助けを求める、とは違う形で見せた、というのは面白かったですねー。
 >一応、モジャも被害者ポジションなのに、そのことを顧みずに容赦なくモジャ合体怪獣を倒したときは唖然としました。
あれはちょっと……(笑) 話の流れを見ると、恐らく、ギガロがなんか魔改造していたのを解放した、というニュアンスではあったのでしょうが……。
 >ギガロが水とパンくずがあれば、大丈夫と言ってましたが、本当かどうかも分からない
あれどう考えても、適当な方便ですしねぇ……(^^; 一応ハッピーエンドという事にしておいた方がいいのでしょうけれども。
 >前回はレッドル(赤)がメインで過去の赤戦士と共演し、今回はジースタッグ(緑)がメインで後の緑戦士と共演していることになりますね。
おおなるほど、そう見ると面白いですね。