はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

巨獣ストーカー

◆wander_sheepさん
 >普段ゲームをやらないという高岩さんが、あの場面で何か面白いことをやりたくて
 >入れてみたのがあの動きで、そのままOKが出たそうです。
成る程、現場でのキャラ付けが主人公の設定とも矛盾はなさそうだし、みたいな流れだったんですねー。よくよく考えると『エグゼイド』世界はROMカセット全盛という可能性もありましね(笑)
 >ここのところすっかり、大和に嫌がらせをするのが生き甲斐みたいに見えたけど
 >巨獣ハンターの本領を忘れたわけではなかったのか・・・とか思ってしまいました(苦笑)
つまるところバングレイは、基本的に何をしていても根が変質者っぽいんだなぁ……という(笑)
 >サワオって、このテーマにぶつける為に生み出されたようなど直球のキャラクター造形なんですよね。
サワオの方で個人と個人の関係性をストレートに描いていく事で、作品全体のテーマと上手く補い合って、互いに説得力を高めていく、というのは凄く良く出来てますね。
◆さやまきさん
 >今までジュウオウジャーのロボは箱だ箱だと思ってきたのがウソのようなホントに箱(笑)
そろそろ体型違うのが来るのかと思ったら、むしろ更に箱で来ましたね……(笑)
 >番長に変身は出来てもクジラは別というのは下手するとすごくトンチンカンになりかねないんですが
 >黙して語らずのクジラを番長のほうから理解してく
なんでもかんでも「絆が力」理論で通してしまわないで、一歩立ち止まって考えてみる、というのは凄く『ジュウオウジャー』として上手く回りましたね。
 >大和君の初期設定をホント活かしてきてますよね
悪に立ち向かう際の行動原理だけではなく、しっかりと劇中の様々な行動の背景になっているというのはホントお見事ですね。
 >まぁさわおはこのあとの話でもっとすごい追い詰められかたをするので
 >この段階も1つの振りだったのか(苦笑)と思いましたけどσ(^_^;)
さわおの成長と着地もある程度計算尽くなのでしょうが、外で友達作れるぐらいまでレベルアップしてほしいものです(笑)
◆橘まことさん
 >後編で「スーパー戦隊のつながり」という融合が見られたのは本当に良かったです。
中盤の一山付近でコラボSP回(くしくも『オーズ』も似たようなタイミングでしたが)やるのって話運びとしては難しかったと思いますが、上手い事、本編テーマと繋げて次の展開へのステップアップに落とし込みましたねー。
 >「ヒーローってそこら中にいるんだなあ……」ぐらいの感覚でした(笑
よく考えるとバリーの方が特殊で、財力・筋力・知力・科学力の内、二つぐらいが高ければ意識次第でヒーローになれる世界という気がしてきました……(笑)
 >バリーとエディのコンビはジョーとの組み合わせともまた違い、いいですねえ。
バリーはこれまで男友達が属性の近いシスコしか居なかったので、エディと絡むとまだまだ新しい切り口で広げられていいですね。
 >あちらだと「恋人」時ではまだそこまで身を固めなくても……という感覚なのでしょうか。
この辺り、日本人的な感覚なのか、アメリカでもフィクションだからなのか、というのはちょっと気になりますよね(笑)
 >多分見られないと思っていたバリー&ケイトリンの組み合わせと、ひどい目にあうアイリスが見られてスッキリした回でした(笑
散々不満を溜めた所でこの展開で、スタッフ超悪質……(笑)