はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

邪悪な闇に独り立つ 俺はどこから生まれ来た

◆さやまきさん
 >そもそも何故相撲?というところになんの必要性も必然性もなかったので
 >まずはそこをキチンと土台固めしなきゃいけなかったと思うんですが
いっそ、宇宙大相撲とは何か? とかトンデモ方面に突っ切ってくれた方が割り切って楽しめた気がするのですが、投げるだけ投げて、リアル相撲のパロディするだけ、最終的にはサブタイトル詐欺、というのがどうにも押しが弱いですよね……。
 >なんか相撲協会かどこかから幾らか袖の下にでも包まれたのか?(だからぞんざいな脚本になったのか?ww)と勘繰ってしまいそうになる
見ていて『ゴセイジャー』で、やたらに「ハッカ湯」が強調されたエピソードを思い出してしまいました(笑)
 >仕方ないですが巨大化したらもう相撲もなにもあったものじゃない戦いになっちゃいますし
もう相撲は捨てたみたいに武器持たせてしまったり、あの辺りもどうせやるなら、もっとネタを追求してほしかったですね……(^^;
◆wayさん
 >『暴れん坊力士松太郎』(原作:ちばてつやのたり松太郎』)
ああ、あれは浦沢一門が参加していたのですか。あれも原作古くて、何故今……? と言われていましたが、これは、何らかの組織的陰謀なのか……(笑)
 >前作『ニンニンジャー』で没になったアイディア・プロットをそのまんま流用して来たんじゃないかと勘ぐってしまいます。
相撲宇宙人を何もこじつけないのもちょっと気になったのですが、元々相撲妖怪だったとすると、ありそうですねそれ……(^^;
 >おかしな着地を決める部分まで含めて『ニンニン』っぽいというか。
ラストのレオとアムはほぼ八雲と霞のやり取りになっていましたし、やたらと身内間にヒエラルキーをつけたがるとか、前作の世界観ですよね……(^^;
◆ナシナさん
 >もうすぐ最終クールなのですね。何だかあっという間です。
メガヘラクレス後に若干中だるみしましたが、なんだかんだ全体としては順調に転がっていて、テンポ良く見られる作品ですよね。
 >舞がただネロに騙されているんじゃなくて、縋ってでも平和を取り戻したい一心で行動していた動機づけとして、ちゃんと作用していましたし。
一歩ズレると、舞が単純な“いい人(ちょっとお馬鹿)”になってしまう所を、巧く補強した上に、全体テーマに繋げていったのは鮮やかでしたね。
 >ビーファイター(というか、アースアカデミアの職員扱い?)の給料って少ないのでしょうか?
バイト自体はお約束ネタにしても、仕事内容の割に手持ちが少ないな、とは思いました(笑) 政府から助成金とかも降りていそうですけど、全て、新兵器開発に回されてしまうのか……。
 >いやいや違いますよw でも、イメージ写真(あと、麗自身の前のめりな性格)でそう見えてしまっても仕方がないですけどw
……あれ? ……(自分の感想をちゃん読み直す)……あ、あくまで、「幼い頃から各国を転々」でしたね(^^; すみません、勢いで記憶を捏造していました(笑)
 >43歳独身だけど、子供は居るという説ですが、辻褄は合いますね。それは向井博士はバツイチということでいいですか?
事情があって養子縁組をしたとか、そういう可能性もあるかなーとは。
 >冒頭に出てきたCG美女に名前を付ける募集に、向井博士は"サユリ"と初恋の人の名前を名付けようとしたそうです。
ああそういえば、名前案を出してましたね……そこから拾っていたとは(笑)
 >向井博士だけを見ると、さらわれたサユリを助けるため、根性を見せたり、ポッと出のムカイダーK3も善戦したりと、大活躍回でもあります。
サポートキャラに焦点を当ててくれる事自体は好きなので、もう少し、話がまとまっていれば良かったのですが……(^^;
 >専用テーマ曲は貰ったものの、本格的に心配になってきました。
歌が格好いいのがまた、切なさ倍増……。
 >少し前からギガロは地球侵略より対ビーファイターに着目し、戦力封じに取り掛かっている印象です。
ああ確かに。作戦が、嫌らしい所を突いてくる方向に特化してきていますね。
 >序盤に登場してきた傭兵たちって、何だかんだで信頼における方々ばかりだったのかなと思います。
共に死線をくぐり抜けてきた歴戦の戦士達が前半で全滅して今の状態だと思うと、傭兵軍団は切ないですね……(涙)
◆橘まことさん
 >ジュウオウジャー32話の回転解除は、放水で回転と逆ベクトルの力を加えて勢いを削いだ、てことだと思います。
ああ! なんか操縦している当人まで「あれ?」って感じのリアクションに見えて、謎の特殊能力と勘違いしてしまいました(^^; 逆噴射みたいなイメージだったというのは納得です。
 >第33話は「バングレイが捏造したジュウオウジャーの記憶」ということで片付けるのが一番だと思うのです。
あははははは(笑) では、次回からの戦いに向けたリハビリ慣らし運転だったという事で!
 >下山さんにネタからストーリーを作らせたらダメという見本のようなエピソードでした。
そこから先へ掘り進めば面白くなる……かも、という所で何故か引き返して別の道を進んだ挙げ句にどこにも繋がらない、みたいな事になりますよね(^^;
◆インザファイトさん
 >今一度自分たちが何のために戦っているのかを思い起こす、扇澤氏のしっかりとしたストーリーが見られました。
中心のネタが若干バタバタしていても、全体の構成力でしっかり筋道を通せる、というのがやはり巧いですねー。
 >バトルシーンではブラックビートがかっこいい挿入歌を引っ提げて登場するも、あっさりとスーパー拓也の最強銃の前に敗れ去りましたね・・・(笑)
この挿入歌なら今回はいける! とちょっぴり期待したのですが、何故、惨敗シーンの前振りに……みたいな事に(笑)
 >メガヘラクレスの都合もあってムカイダーの活躍が少なかった、そしてほぼ無駄になったのは残念です。
ああいうネタ変身自体は嫌いではないですし、意外と真っ当に強いのも良かっただけに、もうちょっと全体のまとまりが欲しかったですね……(^^;
 >(オートモードが上層部からの命令であったとしても、それぞれの成分をしっかりと意味付けしたり、
 >でなければ別ストーリーに持っていったりすることはできたはずです。
そうなんですよねー。ここで、ムカイダーのネタがオートモードの前振りとして巧く繋がっていたりすると、おお、と思えるんですけど、そういう接続が無いんですよね(^^;
 >ジュウオウジャーも、ムカイダー回と同じで物語の本筋が解決パートと何ら関係ない残念な回になってしまいましたね^^;
アムの逆転に、相撲部との交流、一切関係ありませんでしたからね……(^^; このプロットでやるならせめて、アム×タスクか、タスク×レオの話だよなぁというのも。