はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

筋肉は光

◆ナシナさん
 >それよりもブルービートが何にキレてスーパー化したのか、よく分かりませんでした。
とりえあえず何となく力む、みたいな演出が入った事で、メタルフォーゼのとってつけ感はちょっと強くなってしまいましたね(^^; やはり動かしにくいのか、ほぼイングラムの前振りだけですし。
 >訳も分からず地球に連れてこられて、若返ったり、成長させられたあげく、キャノンで倒されてしまうファイガも被害者でしたね。
イメージ映像見ると全盛期は凶悪な次元怪獣だったようですが、若返りギミックの踏み台でしかなかったので、焦点合わなくて何ともいえない存在になってしまいましたね(^^;
 >子供に戻ってから見る視点の違いとか、タイトル通りに交流を描いた物語も見てみたかった気もします。
中身まんますぎて、拓也が子供になった事による視点の変化が一切無い、というのがどうにも物足りない話でしたね。
 >"時を超え、次元を越えて"云々という謳い文句に、前作に出てきた金ぴかのアイツを一瞬思い出しました。
思い出しますよね……(笑)
 >結局力及ばず絶命する彼のことを、ビーファイター側はいろんな意味で救うことができず、バッドエンドで終わってしまいました。
ラスト、灰を掴むマッスルの姿を、3人が遠くから呆然と見つめているだけ、というのはなかなか強烈なカットでした。
 >それもあって、予告のシュバルツブラザースに持っていかれた感じがします。
今作のこの手のエピソードはどちらに転ぶかわかりませんが、予告からは期待したいエピソードです(笑)