はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

オーバーキル兵器の呪い

◆インザファイトさん
 >あれー、なんだかエグゼイドはドラマ的にも楽しめそうな作品だったのに、ロケットスタートに偉く失敗してますね^^;
ここ3年ぐらいの序盤を見ていると、脚本家云々というより、もはや構造的問題が大きいのでしょうね(^^; 「販促オーダー」と「最低限見せないといけない事」が噛み合っていなくて、ぐっちゃぐちゃになっている感じです。特に今年は、ガジェットばかりか人物まで出さないといけないので、全方位に無理が出ているような。
 >しかしそう考えると、ライダー初参加であれだけの名作を作った三条氏の技量が伺えますね
『W』は実質ダブルメインの長谷川さんも噛み合いましたしねー。体制作りが凄くはまったというのも大きかったと思います。
 >マッスルの次がマッチョだったりと、ここにきて思い出したかのようにスタッフ陣が筋肉を推し始めましたね(笑)
ダンベルを舞に渡すも嫌がられる大作、とか小ネタも良かったです(笑)
 >また巨匠はどっちかというとコメディ風味の作品に仕上がることが多いのですが、
 >これはこの時期に扇澤氏と深くかかわったのが大きいのかな、と思います(笑)
まだ完全にローテ入っていない中で、けっこう扇澤さんと組んでいますよねー。改めて流れで見ると、ここから『カブタック』へ繋がっていく事に妙な納得感が出てくるというか。
 >たとえここで大作がリタイアしても、また新しいジースタッグ候補を見つければいいのですから
そうでした(笑) にしても勇者砲を握るとやはり、拓也も撃たずにはいられないのでしょうかね……。
 >たった2話を見るだけでも、ジャスミンの人気がよく分かります(笑)
男連中が割とアレな中、抜けて格好いいですからね!(笑)
◆橘まことさん
 >「もしそんな親友に秘密があったとしらどうする? 直接問いただす?」
 >「そんな事聞くのか。どこから始めよう」
博士ー(笑) やはりアイリスを倒せるのは、本気になった博士だけなのか。
 >その後のケイトリンのセリフでは内心舌打ちをせずに入られませんでした(笑
あんなボールをぶつけられても気を遣うケイトリンのいい人度だけが上がるこの修羅地獄……。
 >思えば『スパイダーマン3』でもヒロインが自己中なヒスを起こしていたのであちらでは「ヒス女」みたいな需要があるのかも……?
なんかもう、そういうジャンルがあるとしか思えないですよね(笑)