はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ダークヒーロー&ヒロイン

◆ジュピさん
 >少々強引な展開ではありますが、一度仲間と認めたら体を張ってジェラを助けに行くのはやっぱり拓也をコピーしたんだなと思いました。
 >拓也をコピーしただけあってどこかにヒーロー気質があるというかそれがダークヒーローたらしめているような
ああ成る程。ここで、シャドーの中にもどこか、拓也の部分がある、というのを見せてきたと考えると面白いですね。……そういえば氷河期作戦の時、タイマンで決着を付けたいという個人的理由とはいえ、拓也に覆い被さって瓦礫から守る姿がえらくヒーローぽいなぁと考えたのを思い出しました。
◆ナシナさん
 >後に控えているであろう対ブラックビート最終決戦で"力"に対する正式な答えを出してくれることを待ちますね。
話の都合で、向き合って乗り越えるべき相手とは会わずじまい、というのはちょっと苦しかったですね(^^; その分、決戦時の盛り上がりに私も期待したいです。
 >私も決意はしたものの、少しは恐怖に戸惑ったり、震える身体を抑えたりと、ちょっとした仕草は入れて欲しかったです。
作風といえば作風ですが、重い展開を入れてきた割には、一度割り切るとざっくりでしたね……(笑)
 >じわじわと対象を追い詰めるスタンスを取ったりと、粘着質で厭な悪役に仕上がってきましたね。
そういう面ではギガロは、悪役らしい悪役として、散りましたよね。……同僚の肩を叩いて励ましたりはありましたが(笑)
 >振り返ると、2人で談笑していたのが、思わぬ伏線だったのかな、と思えます。
あれがあったからこうなったのか、こうする事になったのであれを入れたのか、後先はわかりませんが意味のあった描写になりましたね。
 >ブラックビートもジャマール時代の同僚としては嫌な相手だったけど、離れてしまえば、直接被害を被ったことはないですし、
 >敵対する道理はないですしね。
ジェラは決戦前の目標も「自分の実力を証明する」事でしたし、傭兵であり戦士という所にアイデンティティがあるので、最終的に己の信義の為に戦う、というのは納得できる立ち位置になったなぁと。
 >大作も以前はじっとしていられない行動派だったのに、なかなか落ち着いてきましたね。
ちょっと男2人が消極的になってしまった感はありますが、年下の危なっかしい新入りが入ってきたので大作がちょっと落ち着く、というのはリアルではありますね(笑)
 >マッチョ兄貴死亡から歯車が狂いはじめ、最終的にはいろいろ分別が付かなくなり、メカの永遠性を唱えつつ、
 >メカ帝国建国の夢と狂気に憑りつかれたままなのも、一層悲しいですね。
シュバルツはマッチョ回があった事で、キャラクターとして狂気と暴走に奥行きが出ましたよねー。劇中描写以上にこちらで妄想する余地が広がって、あの回は大きかったなぁと。
 >部下の面倒を見ていたような雰囲気や親友キャラの存在などの初期路線になったと言った方が正しいですね。
話は大惨事でしたが、ブラックドラゴン回はジェラの肉付けという点ではポイントになっていますよね。現状ブラックビートとのコンビが少し彷彿とさせますし。
 >小馬鹿にしつつも、いざという時に助けに来るブラックビートがツンデレキャラになったような感じです。
(俺の警告を無視したからだぜ、ジェラ……!)的な(笑)
 >手を差し伸べられて、内心嬉しかったかもしれません。ちょっと意外そうな表情に見えましたし。
その辺りの濁した部分が、どう着地するかは楽しみです。