はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

赤いアイツはスピードスター

◆久仁彦さん
 >悪人を特に躊躇も葛藤もなく殺害してたり
<シーズン1>ラストを受けてバリーだけならまだともかく、チーム全員ノリノリなのはあれ、引っかかりますよねぇ……後々、落とし穴になるならいいんですが。
 >ジェイ・ギャリックさんのバリーとは対照的なムチムチの肉体と能力は失ってもヒーロー性の強い性格も好き。
力はあるけど色々不安定になりがちなバリーに対して、力は無いが魂が強い人、というのいいですよね。先日Twitterで紹介されていたブログの記事でキャラの元ネタを知りましたが、話への取り込み方がホント巧いなぁと。
 >今のところ『スーパーガール』とのコラボも好評らしいのでいい感じに進んでくれると嬉しいです。
このぐらいまで広がってくると、段々コラボも楽しみになってきて、見事に術中にはめられている感じです……(笑) 本邦のヒーロー物の事など頭の片隅をよぎりつつ、キャラクターとは資産だなぁとしみじみ。
 >あの三角関係で唯一株を下げなかったエディって結局何だったんだろう。
戦場ではいい奴から死んでいく、をこの上なく実践してしまいましたね……。
 >ただシーズン2でもアイリスはアイリスなので気を付けてください(真顔で)。
正直、金払ってアイリスを見るのか……が今後を考える上で一番のネックだなぁと。
◆もりみやさん
 >その矛盾を認めないからこそ、シュバルツは狂うしかない(あるいは既に狂っている)キャラ
永遠でない事を認めてしまうとマッチョ兄貴を本当に失ってしまうが、かといってもう一度作ろうとはしない、というのがシュバルツの悲哀とそこから至る狂気として、最後に凄く効いたなーと思います。
 >途中ぶれる回もありつつもそれなりに仲良しでやってきたジェラを躊躇なく殺そうとする姿が見てて悲しかったりと、
 >喜劇と悲劇の振り幅が広い回だったと思いました。
あそこがシュバルツが完全に壊れているのが視聴者に明示されつつ、ジェラとブラックビートの関係強化に繋がって、幹部の仲良し要素が巧く生かされましたね。