はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

時空の覇者

◆さやまきさん
 >最後の最後まで残念だったシャドーさんww(泣)
済んだ格付けを逆転する秘策でもあるのかと思ったら、根性しか無かったという(涙)
 >シャドーの寿命的な話も入れた結果上手く転がってもいませんでしたし
 >必要ない設定だったなぁ(拓也の生命でシャドーが助かるから突っかかるとか動機があればまだ…)
シャドーの一方的な動機を、セントパピリアを持ち込む事で宇宙規模の話と繋げたかったのでしょうが、巧く繋がらないまま終わってしまいましたねー(^^; お陰で拓也も、急に譫言を言い出す感じに……。
 >結局セントパピリアって…とか
宮下さんが何やら超越的な存在に人格をつけると、どうして駄目な感じになってしまうのでしょう……。
◆インザファイトさん
 >今作はキャラ立てがうまくまとまっていたからか、三幹部の死には哀愁が感じられました。
前作の反省はあったのでしょうが、今作はジャマール側のキャラの個性が最後まで活きて良かったですね。
 >一方でジェラは、戦場に生きる戦乙女(前作のサラみたいに)だったはずなのに、いつの間にか姫ポジになっていたり、
 >正体が白人だったりと、ある意味二人よりさんざんに振り回されましたね(笑)
ブラックとの絡みは面白かったのですが、最終的にキャッチボールが途絶えてしまったのは惜しかったですね。ブラックがそこ拾って最期を迎えてくれたら、またもうちょっと良かったと思うのですが(^^;
 >結構前から「ジャマール一の美貌」とか言ってたり、他の二人よりキャラがしっかりしてなかった印象です^^;
すっかり忘れていましたが、そういえばそんな事を(笑) 
 >ビーファイターは炎の黙示録となってしまいましたね^^;
超越的な存在を出したら余計な方向へ行ってしまって、噛み合わずに終わってしまいましたね……。テーマ的にもうちょっと繋がってくれれば良かったんですけど。ホント、ちょっとずつ惜しいというか……。
 >最終決戦よりジャマールホールの方が自分としては盛り上がりました^^;
結局ブラックが、ラスボス感を得ないままだったのは痛かったですね。最後までメカを活かしてくれたのは嬉しかったですが。
 >しかしこうしてみると、十分に満足できる形で最終回を終えられた、っていうメタルヒーローは本当に少ないんですね^^;
そうなんですよねー(笑) 戦隊に比べて、かちっとしたコンセプト固定ではない分のチャレンジが色々と出来たのでしょうが、その分、コースアウトも多いというか(^^;
 >あと最後海に投げましたが、これってバルダスの時と同じですよね^^;残念な終わり方、として共通する面となってしまいました。
母なる海へ帰れ、みたいな要素も無いので、駄目な感じだけ被ってしまいましたね(笑)
 >しかしまだビーファイターはこれで終わらず、特別編、そしてBFカブトへと続いていきます。これからの盛り上がりに期待したいところです。
『カブト』も全然知識が無いので、どういう感じに転がっていくのか、楽しみにしたいです。