はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

いつだってヒロイン争いは過酷

◆ゆーりさん
 >ヒロイン部門藤兵衛1位が予想通り過ぎて笑いましたw
今年はもう、仕方ないですよね!!(笑)
 >僕もストロンガー最終回は見ていて妙な高揚感がありましたね
色々ガタツキもありましたが、振り返ってみると印象深い作品となりました。
◆wander_sheepさん
 >つまりあれだけぶつかりながらも、爾朗を同じ志を持つ者として見ていたということで、
 >以前も書きましたが、爾朗にとってそういう存在はライトだけだったように思います。
柴刑事がしばしば見せる、超人への憧憬、というのは面白い要素でしたよね。「理想の超人になりたい」という点において、誰よりも二人はわかりあっていたのかな……と。
 >しかもここでのライトの一人称は「僕」なんですよね。
夢(嘘)を求めたアースちゃん、国家の統制に自分の意思で背くメガッシン、正義の超人になる事で人間らしさを回復するライト、と思うにロボ組は皆、人間性により近づいた所でリタイアしているのは切ないですね……。
 >もしかしてこの二人って表と裏の主人公として描かれてたんじゃないのかなぁ、などと考えたりしつつ
個人的にはジャガーさんが裏主人公だったのかなぁと思っているのですが、〔大人として幻想を現実にしようとするジャガーさん・大人の立場に生きながら子供の幻想を忘れられない柴刑事・大人になりきれずに幻想を追い続けている爾朗〕と考えると、柴刑事は表と裏の間に立つ3人目の主人公だったのかなーという気もします。
 >ボロボロになりながらも共に戦う爾朗とライト、という展開がいつかは見られるのかなと思っていたのに・・・!
輝子と笑美を除くと、周辺キャラで最後にスポット当たるのはライトかなーと思っていたので、最終回1話前での退場は衝撃的でした。