はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

いけいけぼくらのムー帝国

◆西家さん
 >あと主題歌のインパクトが凄いですね(笑)
どうしてそんな楽しそうなんだ! ていう(笑)
 >人の心が生み出したモンスターと同じく、一心の自己犠牲が生み出したコンドールマンという両者が合わせ鏡のような存在になっていますね。
3−4話がああいう造りだったのは、狙った感じでしたよね。人の醜さが強調される一方で、コンドールマンが三矢家に暖かさを感じるように、人の心の二面性というのは今作のキーなのでしょうが。
 >一心と老師が明らかに人間の情を超えた価値観で動いている所を見るに、あれは引かせるのを意図した演出だったのかなとも思えてきます。
確かにそういう意図もありそうですね。その辺りの、ままならない部分、というのが今作のヒーロー像なのでしょうが、色々、強烈ですね。
 >ひとまず欲望が明確に描かれてしまったサタンガメツクは明らかに死亡フラグが立っているので、次の幹部モンスターの登場が楽しみです(笑)
さすがにもう、逃げ切れそうにないですよね……にも関わらず、次回サブタイトルが「紅コウモリ」って何?! て感じで、油断なりません(笑)
◆さやまきさん
 >しつこいくらいに展開する敵側の作戦も毎週残念に終わる他の作品への当てつけっぽいですし
本歌取りの変化球ではあるのでしょうが、今見ても面白い構成になってますよねー。
 >大の使命の為に小は忘れろって感じも
実際、コンドールマンが三矢家にこだわりすぎるのは使命からちょっと逸れている感じはあるのですが、とはいえ三矢家さえ救えないのではヒーローとしてどうか、というのはあって、巧い所突いてますよね。
◆aaさん
背中を押していただき、ありがとうございました。『コンレボ』感想、最終回、辿り着きました!
 >ロボ組はたいやき発電に使えないし、人権を与えるって餌でも釣れないしで、
 >終盤の情勢だと自由意思のある生身の超人よりある意味よほど自由だったってのは皮肉を感じます、
そう考えると、世界の主導権を巡る争いの中で、世界の枠組みからロボ組が一番最初に外れてしまった故のリタイアだった、という部分があったんですかねー。アースちゃんとか完全に、居場所を失ってましたし。
 >沖縄&差別問題&海底都市&ウルトラマンとくるとノンマルトを思い出します。
妖怪達は人より古き存在とされていますし、ここは強く意識のあった所なのでしょうね。
◆ナシナさん
 >デルザー軍団も若干話の都合で圧縮されてしまった感があるものの
もし2クールあったらとか、先輩ライダー達が出てこなかったから、というIFの可能性は夢見る組織ですよねー。当初の使い方の面白さが途中からダレ気味になってしまったのは残念でしたが(^^;
 >藤兵衛1位の結果の陰で、ランキングにすら挙がらないタックルこと岬ユリ子がますます不憫なことになってますけど。
ユリ子、色々悩んだんですけど、どう考えてもヒロイン力は低かったなぁ……という哀しい結論に。
 >あとは、BSの金ぴかのアイツもメタ的な視点で言えば、可哀想部門にノミネートされてもいいですね。
持て余されていた部分もありましたからね……(^^; 時間が経ってみると、インパクト的にはどこかに名前を入れたい所ではあったのですが(笑)
 >麗は諸事情で仕方がないとはいえ、本当に途中降板が悔やまれますね。
麗が年間で、どんな完成をするのか、というのは見たかったですねー。
 >ブルースワットネタ番組に見えてくるから不思議です。
もう、そう消化するしかないというか(笑)
 >龍騎を先に見ていたせいか、極悪仮面ライダーの王蛇こと浅倉(役の人)がだらしのない明るいダメヒーローを演じている
 >という情報が強烈な出落ちなっているという印象ですw
どっちの順番で見てもまずギャップを楽しめるという点では、一粒で二度美味しいです(笑) 東映作品で過去にも東映Youtubeで配信されているので、その内また配信に入るかもしれません。