はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

新春特別企画:過去5年のランキングを振り返る・2

毎年末にその年に見た特撮作品をランキング形式で振り返る企画をやっているのですが……昨年末でそれも5回を数え、折角なのでこの機会に、2012年〜2016年まで、5年分のランキングを各部門別にまとめてみました。それについて、あーだこーだ言おうという、とりとめの無い企画です。テーブル組んだらソース量が多くなったので、3分割ぐらい(テーブルが巧く表示されない方がいたら、すみません)。
元になったランキングはこちら。


〔2012年〕〔2013年〕〔2014年〕〔2015年〕〔2016年〕
《残念部門》

1位2位3位次点
2013 メギド王子
(『科学戦隊ダイナマン』)
ジョージ真壁
(『特捜ロボジャンパーソン』)
戸増宝児
(『特捜戦隊デカレンジャー』)
弾北斗
(『科学戦隊ダイナマン』)
2014 戸増宝児
(『特捜戦隊デカレンジャー』)
ウルザード
(『魔法戦隊マジレンジャー』)
池波流ノ介
(『侍戦隊シンケンジャー』)
左翔太郎
(『仮面ライダーW』)
2015 池波流ノ介
(『侍戦隊シンケンジャー』)
大神月麿
(『百獣戦隊ガオレンジャー』)
宇佐見ヨーコ
(『特命戦隊ゴーバスターズ』)
岩崎リュウ
(『特命戦隊ゴーバスターズ』)
2016 クレナイ・ガイ
(『ウルトラマンオーブ』)
ブラックビート
(『重甲ビーファイター』)
バリー・アレン
(『FLASH』)
夢野ナオミ
(『ウルトラマンオーブ』)
タイミング的に配信が年またぎになった場合、翌年への期待を込めて下位入賞、というパターンがあるのですが、ホージーさんも流ノ介も、その期待に応えて翌年見事に1位に輝いており、受け継がれるSupercoolな魂を感じます。
リュウさんがどこまで残念になるかを確認する為にも、今年こそは『ゴーバスターズ』の後半戦を再開しなくては……!
そういえば、流ノ介も「りゅうさん」なのか……(余計な事に気付く)。
数多くの残念が生まれてきましたが、改めて、翌年1位のホージーさん含め、2013年の1−2−3は、超凶悪(笑) どこに出しても恥ずかしくない、歴史的残念です。
2017年は、2016年末に彗星のごとく現れて東映残念ヒーロー達に殴り込んできたクレナイ・ガイさんが後半戦でどこまで残念界の高みに近付けるか、熱く見守りたいと思います。


《悪役部門》

1位2位3位次点
2012 ドン・ドルネロ
(『未来戦隊タイムレンジャー』)
Dr.ヒネラー
(『電磁戦隊メガレンジャー』)
ゴッドネロス
(『超人機メタルダー』)
鬼忍・毒斎
(『世界忍者戦ジライヤ』)
2013 メギド王子
(『科学戦隊ダイナマン』)
カー将軍
(『科学戦隊ダイナマン』)
鬼忍・毒斎
(『世界忍者戦ジライヤ』)
洞田博士
(『特捜ロボジャンパーソン』)
2014 ガイアーク3大臣
(『炎神戦隊ゴーオンジャー』)
Dr.ギバ
(『機動刑事ジバン』)
登太牙
(『仮面ライダーキバ』)
キング’86
(『仮面ライダーキバ』)
2015 血祭ドウコク
(『侍戦隊シンケンジャー』)
闇の皇帝ゼット
(『烈車戦隊トッキュウジャー』)
ネロ男爵
(『烈車戦隊トッキュウジャー』)
デビルバッター
(『ジャッカー電撃隊』)
2016 ハリソン・ウェルズ
(『FLASH』)
タイタン
(『仮面ライダーストロンガー』)
ジェネラル・シャドウ
(『仮面ライダーストロンガー』)
クラゲ奇械人
(『仮面ライダーストロンガー』)
傾向としては割と組織のボス級キャラが多く、全体の約半分程度。ライバル系キャラよりも隙間が多くて個人的な妄想を詰め込みやすい、という事かもしれません(笑) 後まあ基本的に、昔から中年以上が好きというのも影響しているのか(^^; おっさんキャラ、という区分けで見ると……やはり半分ぐらいはおっさんです。
そして傾向としてはダンディとかデカダンとか……そういう雰囲気が好みという、このわかりやすさ(笑)
本来は、美形悪役ポジションも好きな筈なんですが! ランキング化するとあまり入ってこないのは何故だ。
まあ《平成ライダー》だと、従来の美形悪役ポジション的なキャラがセカンドライダーになったりする関係も出ているかと思いますが。そう見ると、やや半端な立ち位置である2014年3位の若社長に納得。あと、キング’86は、“可哀想な悪役”部門では、年々私の中で評価が上がっています(笑)
ネロ男爵は当初、美形悪役枠かと思っていたら、おっさん(むしろ爺や?)枠だったという……。


《悪の組織部門》

1位2位3位次点
2012 ロンダーズ・ファミリー
(『未来戦隊タイムレンジャー』)
妖魔一族
(『世界忍者戦ジライヤ』)
ダッカ
(『快傑ズバット』)
フリージョーカー
(『海賊戦隊ゴーカイジャー』)
2013 ジャンパーソンと仲間達
(『特捜ロボジャンパーソン』)
スーパーサイエンスネットワーク
(『特捜ロボジャンパーソン』)
妖魔一族
(『世界忍者戦ジライヤ』)
ガイアーク
(『炎神戦隊ゴーオンジャー』)
2014 ガイアーク
(『炎神戦隊ゴーオンジャー』)
バドー
(『ロボット刑事』)
バイオロン
(『機動刑事ジバン』)
シャドーライン
(『烈車戦隊トッキュウジャー』)
2015 次元戦団バイラム
(『鳥人戦隊ジェットマン』)
グロンギ(未確認生命体)
(『仮面ライダークウガ』)
シャドーライン
(『烈車戦隊トッキュウジャー』)
外道衆
(『侍戦隊シンケンジャー』)
2016 ジャマール
(『重甲ビーファイター』)
ホロスコープ
(『仮面ライダーフォーゼ』)
巨獣ハンター
(『動物戦隊ジュウオウジャー』)
デスガリアン
(『動物戦隊ジュウオウジャー』)
2013年が何かおかしい気はしますが、テロ組織です。
うーん、この部門はこれといって、並べてみてどうの、というのが無い。