はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

銭の花は赤い

◆さやまきさん
 >ハールマゲドン(^-^)/
ハールマゲドン!
 >しつこいくらいに作戦は遂行中ですっかり世間的にはコンドールマンは市民の支持を失ってますし
大きな計画は共通ながら、畑だったり商店だったり輸送船だったりとその時の狙いを少しずつ変えていって、それに応じて周辺状況も変化していく、というのが面白いですよねー。
 >その時点でほとんど負けだろうという気がする所からジュニアの努力が描かれたり
ヒロイン枠のまことはともかく、いつの間にか石松も結構タフになっていたり、脇キャラも巧くコンドールマンの正義を盛り立てているのが良いですね。
 >ヒーローピンチはお約束ではありますけどここまで上手く逃げ道を塞いでやるのも珍しいです
力技や相手の間抜けさで脱出してしまいそうな所を、ホント徹底してますよね(^^; そこからコンドールマンの勇姿に繋げてきたのは、感嘆しました。
 >(また次回開始5秒で解決とかないでしょうね・苦笑)
平成ライダーの前後編でも割とありますが、永年の課題を感じる部分です(笑)
 >そう思うと当時はこの路線が受けなかったのも(時代が早過ぎた)納得なのかも?σ(^_^;)
なるほど、狙った所への執拗さというのは、確かに井上作品に通じる部分があるかもですね。変身ブームからの爛熟期ならではというのはあるのでしょうが、こういうやり方があったのか、というのはむしろ新鮮に見えたり。