はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

勝利のメモリアル

◆あきさん
 >そりゃあちょっとくらい「私です」ちどや顔したくなるよなと思ってしまいました。
クジラ大王の人格には若干の疑念をいだいていたのですが、あれは、自慢ムービーを残したくなっても納得でしたね(笑)
 >予告で「死なない生き物なんていないんだ!」とこれまた子供番組にしてはど直球にテーマを放り込んでいるので、きちんと死なせるのかなと
アザルドもあくまで生き物として捉える、というのは今作らしくて良かったですねー。決着が楽しみです。
 >ジュウオウでは殆どこの手のストレスを感じたことがありません。
こういうのはホント好みの出る部分なのでしょうが、私も『ジュウオウジャー』は、そういうストレスが無いのも、好きな部分です。
 >一方で私の知人に言わせると、そこが踏み込まなすぎ、遠慮しすぎで物足りないようなのですが。
あー……なんとなくわかるというか、繊細な描写の分、どんな時でも常に相手の懐に飛び込む「強さ」みたいな要素が薄い、というのは、見方として成る程です。
 >動揺も、流して逃げようとする姿勢も、きちんと読み取れて、端正な演技だなあと思います。
大和はこう、強さだけではなく、弱さを見せる時の演技がきちんとしていて良いですよねー。両面でちゃんと引き立てあってて。
◆ナシナさん
 >バイクロボはインパクトありますね。ちょっとマスコットっぽいです。
あの佇まいで、陽気で気さくな性格だったら、それはそれで……(笑)
 >真理の声に反応して、変形するのは一応今作のヒロインの証明なんでしょうか。その辺りがキーになるのかなぁと思います。
全然役に立っていませんでしたが、本来はあればボディガードの予定だったんですかねぇ……お父さん、バイクの説明書は送り忘れたのか(^^;
 >今回怪人であるところのオルフェノク(しかも雑魚っぽい)が一時的にファイズに変身してしまい、より強調された気がします。
あれ、いかにも強そうなのではなく、凄く雑な性格のヤツが変身してしまう、というのが徹底してますよね……。
 >ベルトとバイクを勝手に持ち出した下りは、従来のヒーローを皮肉っているのかと思いましたね。
あの辺りはまずわざとだと思いますね!!(笑)
 >同じように"ひどい女"と認識しつつも、微妙に受け取り方が違うように見えました(真理と一緒に人助けしようとする啓太朗とか)
そういう、個人によって見えるものが違っている、という部分を大事に書く人なので、次から次へと酷いキャラクターが出てきても話を回せるのだろうな、と思います。
 >義母が娘を助けてくれたことに対して礼を言う描写をわざわざ入れて、そこから一気に突き落とす感じがえぐいですね。
妹からすると、母との距離が近づいた事がまた許せない、という流れが、うまくてえぐいですねぇ……。
 >賛否両論な部分はありますが、バランスが上手いんだろうなと思います。
やりすぎる事もありますが、根っこの所で“いい男”“いい女”を描くのが好きな人なので、その辺りですかねー。
 >ファイズの場合は、何だかんだで巧も会話のレベルが一緒なので、そこまで真理や啓太朗のキャラが浮かないのかなと考えてます。
揃って酷くする事でなんか面白くしてしまう、というのは、ホント、ならではだな、と思います(笑)
 >丁度いい人物が居ないですね。
間に入って良識を発揮してくれそうなキャラだと思われた啓太郎が一番狂っているという……。