はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ドラゴンクエストヒーローズ2』クリア

いつもの病気で終盤ペースが落ちていましたが、面白かったです。
キャラゲー無双と見せて意外とシビアで敵の攻撃が激しいので、それなりのLV上げに加えて回復行動が重要になっており、UIなどの雰囲気以外でも、『ドラゴンクエスト』というRPGらしさの出たバランスになっているのが秀逸。
そこそこシビアな分、全滅しても特にペナルティなく拠点に戻り、イベントバトルの場合は経験値などを引き継いでバトルの最初に戻れるという親切設計で、アクションゲームとしての手応えと、キャラゲーとしての進めやすさというのは、かなり巧く調整されていると思います。
アクションが豊富なので、最初はキャラ1人の動かし方を覚えるので手一杯ですが、慣れてくるとパーティ4人を状況に応じて使いこなしながら戦っていくのも楽しくなっていき、時間もかけて遊べる作り。
……まあ、そういう私はメインパーティで使った4人以外は、ほとんど動かせないんですが(^^;
中盤以降のパーティは、〔主人公(バトルマスター双剣)/ミネア/オルネーゼ/テリー〕で固定。……テリー、露骨に人気キャラだし露骨に使いやすいしで外したかったんですが、あまりにも使いやすくて……(笑)
プレイヤーは色々な意味で防御が苦手な為、7割ぐらいミネアで遠間からちくちくと攻撃し、戦士達が前で壁になっている仕様。ミネア、飛び道具+対空+爆撃+回復、で超便利。
クリアデータで始めると、新たなモンスターが出てきたりするのですが、クリア後要素やトロフィーコンプリートにはあまり興味が無い為、概ね終了。……というか武器熟練度の限界引き上げとか、トレジャーハント要素とか、どうしてクリア後に入れるのかあまり意味がわからないというか、オンラインの共闘プレイの為の要素なのかもしれませんが、そこはちょっと残念。
基本的にストーリー終えると冷めてしまうので、クリア後で無いと楽しめない要素、というやつがどうも苦手なのです。
ただ本編だけで十分なボリュームで、それは掛け値無く楽しめました。
サブクエスト的なものはそれほど無いのですが、モンスターを一定数討伐するごとに報償として「ちいさなメダル」が貰えるというシステムにより、色々なモンスターを見つけて狩りに行くという形で脇道に誘導する仕組みも特徴を活かして良かったと思います。お陰で随分、不毛に戦い続けましたが。
LV差つくとこちらを見るなり逃げ出すモンスターの群れを背後からタロットカードで撃墜していく冒険者達、外道……。
ああ後、音楽が凄く良かったです。基本、歴代シリーズのフィールドや戦闘の音楽を使っていて非常に豪華なのですが、一部イベントで、演出として使われる曲の選択が素晴らしく、また、終盤のそこはそれだよね! という辺りのくすぐり方も絶妙。よく、手の行き届いた一本でした。