はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

レッツレッツダンス

◆橘まことさん
 >1話前の正解が黄色だったときに「赤じゃない?…最終話もやるの?」
だいたい次回予告の直前まで早送りするので、全然気付いていませんでした(^^;
 >エンディングのダンス、実はこれまでのものが「二つの世界が融合後に各地で大和達が踊ってた」と考えると、
 >テレビ見ながら踊ってたお子さんたちの夢も広がっていいなあなんて思いました。
ああ、それはいいですね〜。
 >まあ、すべては満面の笑みのバド(人間態)さんが持っていっちゃいましたが(笑
バド&お父さんは、凶悪すぎました……(笑)
 >コンティニューで自分の細胞を与え巨大化させていたことにジニスの別の意図を感じられるようになったのは、個人的にとても好みの展開でした。
巨大化にかこつけて、自分と同じ存在におとしめる行為だったと思うと、ジニス様の屈折がよく出ていますね。ジニス様、退廃系悪役ラインに新たな形を刻んだのは、素晴らしかったなと。
 >減点方式だと百点満点はあげられないけど、加点方式なら百点は楽々超えていった、新しい魅力に溢れた、実に爽やかな作品でした。
伝統を意識的に踏まえつつ、そこからのステップアップが上手く行った作品でしたね。香村さんの再登板にもまた、期待が広がります。