はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

君にも見えるウルトラの星

◆さやまきさん
 >なんとヤマゾン配信のオリジンサーガで補強されちゃってます(笑)
『オーブ』は色々と、展開順調みたいですねー。そしてガイさんホント、残念界のウルトラの星というか、5年に1人レベルの逸材……!(笑)
 >初見は(あの最強のファーストインプレッションだった龍騎の後とは違う意味で)ありえねー!と友人と合唱してましたww
今見ても相当大胆ですものねぇ……(^^;
 >[あれは目じゃなくメタルヒーローみたいなゴーグルと解釈すれば視界が充分確保されていて都合が良かったりするんじゃないか?]
ファイズはメカニック寄りのライダーなので、機構としての解釈は馴染みますね。一種のモニターである、というのは納得感があります。
 >今では仮面ライダーとしてもそれ抜きにしても良いデザインやギミックだと思ってますので
 >何がきっかけで見方が変わるか解らないものだなぁというのを教えられたデザインでしたσ(^_^;)
個人的に、初見の時はRX的な異質感があったのですが、慣れてくると、他のライダーとは一風変わった表情の付け方が面白かったりしますよね。後のカブトへ繋がっていくスラリとしたフォルムなどは好きなところです。
◆あきさん
 >最後は巨大化しようとしてナリアを呼んでももういないことに気づいて消滅みたいな巨大戦なしでも良かったんじゃないかとか
自ら切り捨てたナリアが敗北にもう少しハッキリ関わる、というのは私も見てみたかった展開です。作風としては巨大戦なくても良いのでは感はありましたが、入れる要素は全部入れておく、の一貫だったのですかねー。
 >あの距離なら泣き声に気付けセラとか
個人的に最終回一番のツッコミどころはそこかな、と(笑)
 >ちょっと地球におっちょこちょいな人格すら感じて大爆笑
ふと振り返ってみると、『ゴーカイジャー』の地球意志さんも割とアレな感じでしたし、惑星規模の意識があるとしたら結構大雑把に違いない、と確信を持っている誰かが居るのかもしれないですね(笑)
 >あー、子供目線でワクワク、大人は大変てやつかー、と妙な納得をしてしまいました。
私もあのラストはまだ咀嚼中なところはあるのですが、行き着く所は未来を築いていくのは子供達、という意味では「僕たちの関係はこれからだ!」よりも一面でスッキリする所はあったのかな、と。
 >ラストのサワオは加入時を思い出すと本当に成長して感慨無量でした。ここまで成長のマイルストーンを刻み付けたキャラもそうはいないなと思います。
サワオは本当に凄いキャラになりましたね。アザルド撃破後の大和の姿に気付いてジューマン達に示唆できたりとか、リアクションが変化していたのもお見事で、そこから最終回の堂々とした姿で見事な裏主人公だったなぁと。