はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

わんだばだばだばだ

◆さやまきさん
 >明らかにオーブよりもデカくて危なそうな怪獣が目の前にいるのにオーブを攻撃する事になんの躊躇もない
オーブだけ出てきた、とか、怪獣を倒した後に残ったオーブに攻撃、ならまあ良かったのですが、先に出ていたゼッパンドンを無視しているようにしか見えない、のはやってしまいましたよねぇ……。「オーブvs地球防衛軍」をやりたいなら、単独のテーマとして1エピソードやった方が良かったなぁと。
 >怪獣に有効打を与えた事すらないビートル隊では蚊トンボ扱いされて撃墜されるのが関の山(下手すれば相手にすらされない可能性もある)
意外と強いぞビートル隊、という見せ方もあったと思うのですが、精神的気高さすら描かれませんでしたからね……(^^;
 >いくら作り手が防衛チームを魅力的に描こうとしても見ている子供は[どうせビートル隊と一緒だろ]として
 >ビートル隊基準で食い付いてくれない危険性もある訳で(最悪防衛チームの存在が視聴率を下げる要因になってしまう)
ああ確かに、シリーズとして考えた時のデメリット、というのもありますね……。
 >そういう事を考えたらビートル隊の行動はあらゆる面で最低だったなと見ていて思ってしまいました…
『オーブ』における悪い部分がまとめて出てしまった感じでしたね。やりたかったと思われる事を優先しすぎて、全体のバランスや、諸々の配慮を測り損ねてしまったなぁと。
 >渋川さん回は流石はベテラン俳優さんを配置してるだけあって
 >ただ配置してるだけじゃないよ!というのを堪能させて貰いましたww
毎回の登場の時はキャラで笑いを取ってもらう形が多いので、全編それだと嫌だなーと思ったのですが、むしろきちっと俳優・柳沢慎吾を使ってきて、面白かったですね。
◆インザファイトさん
 >いやー、今回はゲストも面白かったですね。
怪人とゲストキャラで突破、という点では閑話休題エピソードのお手本みたいな話でしたね(笑)
 >後親子に関しても、ゆいちゃんに向かって怒鳴ったのはちょっとなー、と思ったり^^;
あそこでゆいちゃんを、ああいう形で絡めた事を考えると、やはり意図的に駄目な人間として描いていたのかなーと思う所です。
 >そんなパイナプラーの声優は堀川亮さん。
堀川さんも、主人公から駄目人間まで幅広いですよねー。パイナップルは色々と合わせ技で良い怪人でした。河童の声優さんは、イルバ、そして後の『タイムレンジャー』のタックと知ってビックリ(^^;
 >一方で新戦隊がスタートしましたね。しかし9人もいるとそれぞれのキャラクターを立てるのが大変なのではないのでしょうか^^;
一人一人を濃いめにする、という手法がとりあえず良かったと思いますが、面白そうな設定と地雷要素が表裏一体な感じなので、心意気が大惨事パターンにならないといいですね……(^^;
 >あと宇宙を旅するスペースオペラ劇をいつまで続けてくれるかにも期待です。「ジャスピオン」でもやってましたが、
 >たった4話で地球劇になってしまったので^^;
ロードームービー要素ってなかなか続きませんが、思い切った設定にしてきたので、継続を期待したいです。