はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『宇宙戦隊キュウレンジャー』感想・第3話

◆Space.3「砂漠の星から来た男」◆ (監督:柴崎貴行 脚本:毛利亘宏)
 「ロジャー? 論外」
 それが、宇宙警察vsリベリオンの、血で血を洗う凄惨な抗争の始まりだったのである……。
 (『仁義なき戦い』のテーマ)
 悪夢にうなされるチャンプを心配したラッキーが、寝ぼけたチャンプに締め上げられるという一騒動のあったブリッジに、貫禄のある紳士を連れて入ってくるラプター
 「みなさん、ご紹介します。ショウ・ロンポー司令官です」
 ど・こ・か・ら(^^;
 恐らく、宇宙船の着艦シーンがカットなりされたのでしょうが、お陰で、本当は今までずっとオリオン号の中に居たのだけどスマホに夢中で、F○Oのイベントをクリアしたのでやっと部屋から出てきたみたいな事に。主要キャラの初登場シーンですし、ここは前後の辻褄を合わせておいた方が良かったような。
 重々しい佇まいの小籠包だが、キュウレンジャーに向けて片手をあげると、くるっとその場で一回転。
 「ハロー、エブリバディ! みんな、出迎えありがとーう。やっほい!」
 ……中に涼村暁が入っていないか。
 見た目はダンディ、中身はC調、という宇宙一の無責任男路線のショウ・ロンポーですが、TPOをわきまえずに適当な発言を繰り返す、というのが徹底して強調され、掴みやすいキャラ描写。今後、適当な部分とシリアスな部分の使い分けを面白く見せられるか、という心配はありますが、ラプターがツッコミとして機能する事で個性を押し出せたのも良かったと思います。
 いきなり現れて司令官、という点に関しては、大量のキュータマを持ち込む事で理由付け。今まで不在にしていたのもキュータマを集めていたから、という事なのでしょうが、キュータマそのものに関しては、更に適当な感じに(^^;
 机の上にぶちまけられたキュータマにラプターがひときわ反応しているのは、ワシのキュータマが混ざっていたのか……?
 司令官は、道中で見た惑星ニードルが危険な状態である事を語り、惑星を構成するプラネジウムというエネルギーが存在している事、宇宙幕府はそれを集めている事、プラネジウムが枯渇した惑星は崩壊してしまう事、それを止めるにはプラネジウム吸収装置を兼ねる幕府の宇宙船を破壊するしかない事、が説明。
 今作世界における特殊パワーの存在が解説され、前回割と謎だった突然離陸した宇宙基地の理由が判明すると共に、幕府の小目標〔プラネジウム集め〕と、キュウレンジャーの部分的勝利条件〔宇宙船の破壊などによるプラネジウムの回収阻止〕が明らかになったのは構造がスッキリして良かった点。
 「よっしゃラッキー! そこまでわかってりゃ、俺達で止められるって事だろ。ラッキーじゃねぇか」
 そして、前回の都合による都合の為の「よっしゃラッキー!」は話を詰め込む為の苦渋の選択だったのか、改めて、ラッキーの「よっしゃラッキー!」は、体質よりもむしろ精神性である、という事が描かれたのは、非常にホッとしました。今後の展開で、第2話だけが例外だった、となってくれる事を願いたい……。
 「ユー、面白い考え方だね」
 ロンポーもそれを認める事でラッキーの存在がキュウレンジャーの支柱に近付き、惑星ニードル救出の為に出撃する7人。着陸した7人の前に大量の幕府軍が立ちはだかり、ここで7人変身からの名乗り揃い踏みを披露。
 「究極の救世主、宇宙戦隊・キュウレンジャー!」
 軽く雑兵軍団を蹴散らす7人だったが、突如、謎めいたフード姿の男・スティンガーが現れ、閃いた尻尾から毒を受けた金が倒れてしまう。
 「俺の毒に気をつけろ」
 ……有無を言わさず先制攻撃してきた割には、丁寧だ!
 その男の顔を見て激昂するブラックだが、男はキュータマを取り出すとセイザブラスターでサソリオレンジへと変身し、慌てて戦いを止めようとする赤。
 「待て! 勘違いするな。俺たちはあんたの敵じゃない!」
 「勘違いではない。俺は貴様等の敵だ!」
 「博士の仇……討たせてもらうぞぉ!」
 まっしぐらに橙に突撃した黒は、自分一人で戦おうと仲間を振り払い、それを止めようとした黄緑銀青が次々と毒に倒れてしまった事で、赤は獅子ボイジャーで全員を回収して一旦オリオン号へと帰還。スティンガーが、チャンプの制作者であり、チャンプに人の心を教えてくれたアントン博士(アントニオ、からか)を殺した男だと聞かされる。
 「戦いに、心を奪われちゃいけないよ。誰かを、救いたいという心を失えば、おまえは、ただの機械になってしまう」
 博士殺害の回想シーンで、雨の中、鼻から猛烈にスモークを吹き出すチャンプの姿は格好いいのですが、ロボットにも効くのかサソリ毒。
 そしてチャンプは、ロボレスチャンピオン9回目の防衛と語っているのですが、倒幕運動の為の資金稼ぎ用に造られたのか、チャンプ。それとも、チャンプが稼いできた金でチャンプ制作の為に借りた金を返すというローン地獄だったのか。
 個人的な偏見に基づくと、ロボットに「正義があれば何でもできる」とか吹き込んでしまう博士は心証的にクロなのですが、地下で何かヤバそうなものを造っていたのではないか! 例えば、 全銀河のありとあらゆるロボット以外の生命体を一切の区別なく殺戮するジーザ(以下略)
 その頃、惑星監視カメラでニードル上の戦いを見ていた射手座家老は、スティンガーを自らスカウト。幕府を銀河にまたがる巨大組織と設定し、その1星系の統治者という割に、出番確保の都合で御家老のフットワークがやたら軽いのは、困った所。そしてこれなら、第1話で小物を強調せずに、もっと悪役としての魅力を押し出した方が良かったのでは(高い確率で早期リタイアしそうにしても)。
 チャンプはスティンガーと決着をつけようと再び惑星ニードルへ向い、互いに変身してプロレスvsボクシングの対決がスタート。
 「どうして俺を狙う?」
 そっちから殴ってきたからですよ!
 いや、チャンプからの個人的怨恨について聞いたのかとは思いますが、話の成り行き的にですね。
 「正義の為! アントン博士の無念を晴らす為だ」
 「そうか……貴様はあの時の」
 尻尾を活用したサソリの攻撃に叩き伏せられる黒だが、迫るトドメの一撃を跳び蹴りではたき落とし、割って入るラッキー。
 「チャンプ! 仇討ちは諦めろ! その代わり俺がおまえの仇討ちを、手伝ってやる!」
 「言ってる事が無茶苦茶だぞ……」
 「あいつは! おまえの敵じゃない! 俺にはそれがわかる!」
 「なぜそう言い切れる」
 「キュータマを持ってる奴に、悪い奴はいない。それだけだ!」
 いっけん思考停止の理屈なのですが、キュータマ=救世主の証(しかも資格がなければ発動しない事は第1話で証明済み)であり、リベリオン自体が銀河救世主伝説を背景に活動している為、キュータマ否定=予言否定=リベリオンの活動目標の喪失、になってしまうので、キュータマの正義は予言によって担保されており、その予言を担保として認めないとそもそもキュウレンジャーが成り立たなくなってしまうという、論理の卍固め
 今後の物語の中で、キュータマに選ばれるとはどういう事か、そして救世主とはいかなる存在か、という点をしっかり描いてくれるの前提ですが、現時点ではラッキーの自己肯定込みで、豪運とか野生の勘とかよりも、よほど頷ける範囲です。
 「俺が全部なんとかしてやる! チャンプの仇討ちも手伝う! この星の爆発も止める! そして! ――おまえをキュウレンジャーの仲間にする!」
 前回は大事故になりましたが、ラッキーからチャンプへの言葉を第1話のガルへの説得とも重ね、ラッキーがどういう主人公(中心人物)なのか、をより深める形に。ラッキーの「やりたい事」は、決して自分の為だけではなく、他人の為に心底から必死になれる男であり、前回の「キュウレンジャー集めの為に自分勝手する」のも、宇宙を救う、という大目標の為にまっしぐらに行動した結果である、と何とかフォロー。
 「よっしゃラッキー!」という爆弾を常に懐に抱えてはいますが、良い主人公になっていきそうな目は出てきたと思います。
 特に、サソリを仲間にする為に戦いを止める、というだけではなく、チャンプの問題には責任を持って手を貸すと約束する、と一つの問題解決によって生じる別の問題を背負う覚悟があるし、差し迫る惑星爆発の問題を勢いで忘れていなかった、というのも好印象。
 「ふっ……くだらん。仲間にしたいのなら俺に勝ってから言え」
 ……まあ結局、殴り合いにはなるんですが(笑)
 一応、憎悪抜きなので、状況が変化しているとはいえます。
 「チャンプ! おまえの力は、宇宙を救う為にあるんじゃねぇのか!」
 「アントン博士……」
 そしてここで、主人公が仲間に対して、大義の為に私怨は飲み込め、と語るのはなかなかシュート。勿論、ラッキー自身は私怨そのものが間違いであると考えてはいるわけですが、
 天秤の片方に「全銀河の解放」を乗せた以上、もう片方にはそれと釣り合うだけの「覚悟」を乗せなくてはいけない
 と既にラッキーの中でキマってるのだとしたら、毛利さんの牙が、凄く入った主人公なのかもしれない、ラッキー。
 白熱する赤と橙の戦いだが、そこへ今回の悪代官一味が介入。赤を仕留めようと取り囲む代官の手勢だが、いきなりサソリが、代官に向けて槍を投げつける。
 「俺の戦いの邪魔をするな!」
 …………言動の端々から危ない気配の漂っていたスティンガーですが、ただの馬鹿だ。
 単細胞すぎるレッドの全肯定作劇を不安視していたら、そのレッドよりも更に知力の低そうなメンバーが現れるという、衝撃の新機軸! これは、9人戦隊、ならではという気が凄くします(笑)
 スティンガーには是非とも、キャラ作りでした、などのフォローが入る事なく、最初から最後まで喧嘩馬鹿、を期待したいぞ。
 「ここは俺の戦場だ。なんびとたりとも、邪魔はさせん」
 橙は悪代官へと襲いかかり、赤はラプターが届けた双子座のキュータマで、分身して戦闘。それぞれの必殺技で代官軍団を撃破すると、宇宙船で寝ていた5人も回復し、キュウレンオーを発動。それを妨害しようとしたサソリボイジャーはオウシボイジャーが食い止め、宇宙基地がまさかのロボットに変形するが、秘剣・大銀河三枚おろしによって撃破に成功するのであった。
 5人の毒が都合良く治ったのは、サソリの毒が本気ではなかった、という伏線の可能性が高そうですが、現時点では何とも。
 スティンガーは逃亡して射手座家老と合流し、ラッキーは「いつか必ず仲間にする! あいつもキュウレンジャーなんだから」と気合いを入れ、チャンプはしかし復讐心を捨てきれないのであった……とわだかまりを残したまま、つづく。
 キャラのバランスから、クール美形ポジションかと思っていたら、まさかのバトルジャンキー(知力1)だったサソリスティンガーですが、ヒューマノイドタイプと見せて尻尾が生えている、そしてそれを変身後の戦闘でも活用する、というのは非常に秀逸なデザイン。今作、こういった要素は良く出来ているので、今後も活かしてほしい部分です。
 チャンプとの因縁については、なんらかの誤解、というのが定番ですが、基本的に肉体言語しか使用しないスティンガーが「罪は償う」と、今回唯一の歩み寄った発言をしているのは気になる所。やむを得ない事情から実際に手を下しており、それをわかった上でチャンプが受け入れる、というのも面白そうですが、どう転がしてくるかは楽しみな所です。……アントン博士によって、サソリ人間に改造された復讐という可能性も捨てがたい。
 第2話からはかなり持ち直しましたが、メインの3人+変身しない2人、以外は空気になってしまったのは引き続き気になる所(^^; メンバー集め期間中はやむを得ない所はありますし、いっそ最初から最後までメインの数人以外は空気、も貫けばスタイルですが、今後の工夫を期待したい所です。
 ……第31話ぐらいで、ショウ・ロンポー司令官による無差別爆撃を受けて、生き残った者だけが強化改造されたりしないといいなぁ。
 次回、現状ヒロイン最右翼の、ラプター変身。