はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ムジュンをあばけ

◆久仁彦さん
 >前作よりテキスト量が2倍超とか。
おおそこまで。やはりでも、そこが魅力のゲームですね。
 >ソロユニットとの掛け合いの際、飛竜の辛辣な一言に秀真が何かとフォロー入れてるのが可愛いと思う。
忍者コンビやギスギス親子は、ソロとの掛け合いに特徴出て面白いですね。
 >ソロアタック初動で大抵のブロックは破壊できるし、他のユニットにもブロック破壊効果付けられるし。
あれ強いですよねー。そして非常に原作再現ぽくあるので、もはやブロックそのものがナルホドくんを目立たせる為のシステムに思えてくるほど。
 >『逆転裁判』シリーズ未プレイだけどそろそろDSでやってみるべきだろうか。
キャラのノリの濃さが色々紙一重だったり、捜査パートが若干面倒くさいなどありますが、『1』は切れ味があってかなり好きな作品です。
◆wander_sheepさん
 >最初見たとき違和感があった、金・黒・紫という色は、もしかすると
 >いずれ6人並ぶことを想定して設定されたものだったのかなと思いました。
これだけ綺麗に分かれたのは、企画時点で共演構想あった可能性は高そうですね。お陰で6人並ぶと、カブトがすっかり追加戦士枠みたいになっていますが(笑)
 >後輩たちに、鍛え上げた筋肉を披露したかったようにしか見えませんね・・・(笑)
……やはりマッスルこそ、次元を越えた勇者の証。
 >まさか格好だけでなく、台詞回しまで別の領域に踏み込んでいようとは・・・!
いい人キャラだと6人並んだ時に埋没するという判断もあったのかもですが、えらい威圧感になってましたね(笑)