はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ラッキー死すとも伝説は死なず

◆あきさん
 >ガルやラプターへの態度を見ても、キュータマみたいな戦う力を持たなくてもそれは服従の理由にはならないと心底思っていそうですね
思えば第1話の、キュウレンジャーになる、という断言も、抵抗する力は自分で手に入れるという、異常なアグレッシブさの発現だったのだなと……。
 >「自由かさもなくば死か」の精神で戦ったわけで、そういう点でも筋は通ってるんですが、なんとも激しい。
筋を通した末に終盤ラッキーが死亡してその志を継ぐ二代目シシレッド誕生、みたいな事になったら良くも悪くも物凄い作品になるのではないかという、そんな妄想が湧いています(笑)
 >まるで内気な友達を片思いの相手の前に引っ張っていくような気軽さと強引さで戦場に連れてきたら、私でも同じように言います。
ラッキーとスパーダって、どう見ても「命」に対する考え方が違うんですけど、そこを理解し合わないまま話が先に進んでしまっているんですよね……。スパーダは早めにフォロー入ると良いのですが。
 >せめて皆のピンチにたまらず丸腰で飛び出して「人間だって動物だ!」と叫ぶ場面でもあればまだわかるんですが(違)。
スパーダがラプターの夢を認める→そのスパーダのピンチに思わず飛び出したラプター覚醒、みたいにワンクッションあればもう少し印象変わったかなとは思います。
 >レンジャーキーを少年に与えて戦わせ限界を知らせたり、宇宙全体を敵に回す覚悟はないだろうと鎧から変身装備を奪い取ったマベ達海賊より過激だと思いました。
ラッキーはなんかこう、「夢は大事だ」と「大事だから命を懸けて当然だ」が完全に同居しているのがヤバい気がします。
 >毛利さんのデビュー作がオーズの正義の暴走でしたので、今後、ラッキーの挫折や過去の掘り下げが来るようなら興味深いです。
で、毛利さんはどうも、ラッキーはヤバい奴、というのを意図して書いている気がしてきたので、そのヤバさがどういう方向に弾けるのか、がちょっと楽しみになっています。
◆さやまきさん
 >ジャグラーさんさいこー!キャップさいてー
 >というだけのエピソードになっちゃってるんですが
ジャグラー人気出たのだろうなぁ、というのはわかるんですが……幾ら何でも、キャップをガイ×ジャグラーを盛り上げる踏み台にしすぎた感でしたね(^^;
 >メトロンさんもジャグラーさんもフラグというよりあからさまな終盤予告をこれでもかと盛ってきてはいるんですけど
率直にメトロン、オーブ(ガイ)に思わせぶりな事を言う理由、全く無いですものね(^^; これが、「邪魔をしなければ地球に迫る暗雲について教えてやる」と取引を持ちかけてくる……とかだったら、話全体がちょっと変わってきたのですが。
 >SSPの天才コンビはいつもちょっとしか出さないなんとか風土記をさっさと最後のページまで解読しとけよ
例えば、解読はしているけど解釈が斜め上で騒動に、みたいに使えばSSP視点ならではの話の広げ方も出来たと思うのですが、その辺りの突き詰めきれなさは今作で勿体なく感じる所です。
 >これでもルックスとかで黙らせるような説得力を持ってれば良かったんですが
実写はどうしても、役者の説得力が足りないと、うまく転がすの難しくなりますよね……。衣装や化粧含めてテンプレート的なヒロイン像から外そうという意図はあったのでしょうが、そのくせ物語上の扱いはテンプレートなヒロイン像になってしまっているのがまた(^^;
 >あとオーブオリジンに(狙ってんでしょうが)ぐるぐる剣以外の力強さがシルエット的に足りてないので
オリジンのシンプルにして最強、というデザインはウケるかどうか賭けの部分があったのでしょうが、私も正直、サンダーブレスターの方が好きです(^^; もう少し、剣の立ち回りがはまっていれば印象違うんですけどねー。
 >そんな所もどこか残念ですww
ガイさんの本質が透けて……!(笑)
 >あれ、どっちかというと刺又ですよねww
なるほど(笑) 光の国の防犯用装備を勝手に改造……?
◆マットさん
 >司令の言動もラプターの夢と正義の心が高まってきたことを見抜いて覚醒を促したと素直に思えたはず。
物語としては、「仲間の役に立ちたいという思い」が夢を生んで……という意図だったのでしょうが、ラプターと仲間達の関係性の蓄積がもう一つ足りなくて、そこに説得力が出なかったですよね。
 >なにより、鈍くさいロボ娘が「スピードスター」になって華麗に活躍するというカタルシスがもっと際立ったはずです。
とにかく話は9人揃ってから、というのが今の所どうも、面白く広がりそうな要素を殺してしまっているのは勿体ないですね……(^^;
 >個人的には今後も変身前のラプターは弱いという設定だったら納得できるんですけどね。
 >で、そこをフォローするのをスパーダの役目にしてコンビっぽくするとか。
ああ、それはいいですね。スパーダは多分、ラプターと長い付き合い故に……というのはあったと思うので、うまくフォロー入ってほしいものです。
 >あ、あと、ガルがラッキーではなくスパーダに賛同していたのは地味に良かったです。
ガルがどちらかというと、全滅した一族の事を思い浮かべていた感じなのは良かったですね。ホント今回、そういう細かい描写は良かったのですが……。
◆橘まことさん
 >あっさりラプターに歩み寄ったのを見て「話しておけばよかったのに」と突っ込まずにはいられませんでした(^ ^;
ラッキーが自分の前提条件を他人に説明できないのと、スパーダの翻意が唐突に見えてしまったのが非常に良くない形に連鎖してしまいましたね。スパーダ×ラプターの問題は一応解決したけど、ラッキー×スパーダの問題は本質的には解決していない点が、後で浮上してくれると良いのですが。
 >今回もあっさり対話を打ち切った部分をラッキーの欠点として描ければ、スパーダの株を下げずに済んだ気もします。
メンバー間の意見対立を明確に持ち込んだ所までは悪くなかったのに、着地が偏ってしまったのは残念でしたね。
 >キャラ周りの紹介エピソードが一息ついたら、一話一話をじっくり描いてもらいたいところです。
前作は割とイベントイベントで転がすパターンでしたが、今回は人数も多いですし、出来ればゆっくりキャラ話を回して欲しいですね。
◆輝剣さん
 >サファリも出典がサンバルカンながらゴーカイジャー第1話と最終話のイメージがありますしね。
見せ方として、“ザンギャックに支配されてしまった後の地球にやってきたゴーカイジャー”みたいなイメージはあったのかもですね今回。
 >「もし次回で揃うなら、やっぱり第2クールでゴーカイシルバーみたいに地球出身の追加戦士が出るんだろうな」とかでした(汗)
今年はどうなるんですかねー……1人プラスして10人になれば、5×2で隔週ローテ組めはしますが(笑)
 >今回宇宙幕府の支配が描写されましたが今後も代官の悪政描写をして欲しいものです。
そういった描写をたわみとして丁寧に描いてこそ、はね除ける際のカタルシスが増すので、期待したいですね。キュウレンジャーが抑圧される地球人の理解を得ていく過程もじっくりやってくれると嬉しい部分です。