はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

コプーは正義!

◆インザファイトさん
 >コンドールマンの後番組のバロム・1ですが、白鳥君のJP的正義絶対思考には笑いました(笑)
70年代的といえば70年代的なのでしょうが、全く葛藤が描かれずにあの結論なのが……(笑)
 >ところで、第30話「輝けゲンジ大地の力」なのですが、なんとこの回、新戦士&新装備登場回にも関わらず、
 >私の在住する関西地方では高校野球のため飛ばされてしまった回なのです^^;
あらま……追加装備の意味もわかる、けっこう重要な回ですよねここ(^^; 先輩登場以降怒濤の展開で、編成側としても悩ましい所ではあったのでしょうが。
 >そこは先代の客演回をもっと早くして、この時期に通常回をずらすべきだったんじゃないか、と思わずには居られません^^;
長々と引っ張っていた割に、結局夏休み中に新展開突入、というのは割とわからない構成でしたよね(^^; 話の流れとしても、拓也の発言から追加戦士登場までは、ちょっと間が空いた方が良かったと思いますし。
 >しかも従来の作品が2月初旬頃スタートだったのに対し、「カブト」は3月初旬なので、余計に遅く感じてしまうな、と思います。
そういえば前作が話数多かったので、スタート時期も少し遅かったのですね。堀プロデューサーが離れたりもあって、構成面ではちょっと苦労があったりしたんですかねー。
◆さやまきさん
 >セミさんの葛藤は上手く転がせれば面白い素材だったんですが
良い時の扇澤さんならもっとグイグイ中身詰めてきたと思うのですが、ちょっと上辺だけになってしまいましたね……。
 >個人の葛藤関係なしに渡せば終了になっちゃうのはいかがなものかと(苦笑)
戦わなくてもいいからマガジンだけくれよ、と言う甲平はちょっと酷かったですよね……(笑)
 >もうちょっとこう、やりようがあるんじゃないかと思いましたねσ(^_^;)
イデアは面白かったと思うのですけど、矢継ぎ早に出ては帰るを繰り返してしまうので、もう少し間合いがあっても良かった気はします(^^;
 >アクセルフォームは色もスタイルも動きも良く
ごてっと上乗せするのではなく、基本デザインからの変形、というのは見せ方として良かったですね。
 >ただ草加はどこからファイズアクセルを調達してきたのか相変わらず解らないのが大先生らしいというか
「3本目のベルト」で引っ張ったのだから、強化アイテムの一つや二つぐらい持ち帰っても、というのはなんか納得感があって、割とすんなり受け入れてしまいました(笑)
 >今なら草加はホントにガキなんだなぁと解るんですがそろそろ行動が支離滅裂気味になってきてますね
勇治を呼び出すも、とりあえず取り入っておくべきか、感情の赴くままに殴り飛ばすべきか困った! と本人の前で言う辺りが、凄く草加で面白かったです(笑)