はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

走る走る俺たち

◆西家さん
 >短い出番の中でカッコいい所を見せるので美味しい事は美味しいのですが。
いじられる箇所が減って良い所だけ抽出されると、巧はやたら格好いいですよね(笑)
 >木場のように人間の守りたいと宣言するオルフェノクというのは、草加にとっては割と衝撃的な存在のように思うのですが、
 >あんなつまらなそうなリアクションでいいのかと(笑) こういう所でも巧との違いが出ていますね。
草加、とりあえず殴る理由が無くなってつまらん、ていう(笑)
 >ファイズに負けた琢磨が悔しさから表参道を泣きながら全力でひた走るという場面があったそうですが、
 >本編ではそのシーンがばっさりカットされているという酷い話がありました(笑)
うわーそれ、放映されていたらされていたで酷いし、ばっさりカットされたのも酷いし、どちらに転んでも凄く酷いですね(笑)
 >負けた事に対するそれぞれのリアクションが描かれた事もあって、強キャラのイメージの頃とは別の魅力が出てくるようになってきましたね。
あそこの芝居で凄く、ただストーリー上のイベントとして立ちふさがる壁、ではなくて、奥が出ましたよねー。ヒーローに対する勝ち負けだけでないキャラになったというか。