はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

雄叫びが電光石火の一撃を呼ぶ

◆さやまきさん
 >追加装備に次ぐ追加装備、パワーアップ、追加戦士…
ある意味で、20年先取りしていたといえるのでしょうか……(^^;
 >それから大過去に遡ったり根源的な因縁を出すのって解りやすいですけど はっきり言って安易
過去作を見るに宮下さんの手癖なのかもですが、漠然としているが故に色々な作品に当てはめる事が出来てしまうというのは逆に、いい設定、ではないですよねー(^^;
 >そう思うと最後までそっちに行かず踏み留まってみせた紫狼のラスボスはやっぱりエラかったなぁと
JPさんは、主人公自体がテーマ性を背負っている、というのは大きかったのでしょうね。ロボットキャラが居ると、それだけでロボットテーマを持つ、というのも全体に影響出るのかもですね。
 >いくらカッコよくても一方的な暴力は絵的にヒキョー(笑)に見えてしまいますし
ギドーバはあまりにもやられメカが板についてますしねぇ……凄い力が復活したぞ! というより、凄い力で皆殺しだ! になってしまっているのが何とも……。
 >本来なら満を持してメタルヒーローに巨大ロボが帰ってきた!で盛り上がるところが
あれだけ熱心に販促していたネオビートマシンも半ば用済みになってしまいましたし、こう持ってくるなら、もっと早く巨大ロボ出してしまえば良かったのでは感はどうしてもよぎりますよね。
 >ここまでネタバラして地雷神まで出しちゃったら後は敵が可哀想になる終わり方くらいしか思いつかないんですが
 >(そもそも明かされた伝承自体が光の勢力の一方的勝利なので)
セイバーお爺さん、途中端折ったのかもしれませんが、伝承だけ素直に受け取ると、最終兵器完成した途端に終わってますからね、戦い……(笑) それはマザーも絶望するなぁという。