はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

強いベーダー

◆輝剣さん
 >低予算・流用前提で怪人扱いできるのはこの作品の良いところになる可能性を秘めているのではないでしょうか。
幕府の規模の大きさを踏まえて、先にそういうのを仕込んでいるのは、上手く使えそうですよね。
 >結局上級戦闘員とほとんど扱いが変わらないのが寂しい点ですが(ツヨインダベー自体が巨大化できるので尚更区別する意味がなくなってますし)。
デザイン的に、口に巻物くわえているように見えてしまって、出てくる度にそれが気になってなりません(笑) あと、どうして武器が杵なのか!
 >「やっぱりこいつもキュウレンジャーだった。常識人はキュウタマに選ばれるわけないよな」でした。
革命戦士たるもの、どっか振り切れていないとダメなんですね……(笑)
 >ある意味リーダーの資質を欠いていることが6話に続いて描写されたとも言えるでしょうし。
基本的に、あまり頭使わないんですよね、ハミィ(笑)
 >小太郎を助けることを優先したスティンガーを含め徹頭徹尾キュウレンジャーは個人の感情で動く個々人の集まりで、
 >組織のていを成してないんだなぁと(よくチャンプは我慢していますよね。)
枠を超えた個性的なスーパースター集団、という位置づけなのでしょうが、たとえばキューレットの結果を無視して単独出撃してしまうとか、悪気はないがまとまりもない姿をここまでにもう少し描いておいてくれればもっとスムーズだったのになぁ、と惜しさを感じます。そして結果的に、真っ先に暴走していたチャンプが、気がつくと一番の組織人になっていますよね(笑)
 >レギュラーが多く、その中に複数の着ぐるみキャラが含まれる。
樹液を除くと戦闘ではむしろ足手まとい設定だったので忘れていましたが、言われてみれば、『ゴーバス』は着ぐるみ多数のレギュラー陣で、確かに今作と傾向が近いですね。そう考えてみると、司令官キャラのウェイトが大きめでもありますし。
 >キュウレンジャーも個々のパーツはいいので今以上に盛り上がっていって欲しいですね。
進む道は決まっているけど装備を整えきる前に走り出してしまった感がちょっと気になりますが、パーツはホント悪くないと思うので、脱輪せずに軌道に乗ってほしいです。
 >小太郎、本気で久しぶりの子供が変身する戦隊ヒーローになりそうなんですが(トッキュウジャーもカウントするなら久しぶりでもありませんが)。
弟がどうなったのか気になりますが、小太郎をどう使ってくるかは楽しみですね。