はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

鉄の胃袋と鉄面皮

◆wander_sheepさん
 >あの空気の中で直球の厭味をぶつけにいき、もはや超アウェイな環境で
 >よく一緒に食卓囲めるよなぁ草加・・・と感心します(笑)
草加はあの状況で、飯を食わないという選択肢は無い、というのが本当に凄いですよね(笑)
 >以前真理に嫉妬した場面や、今回のような場面での落差が著しいですよね。
ファイズ』はホント、そういう部分の切り取り方が油断ならないですね。
 >啓太郎のあの気の多さじゃあ、メル友とはとうに自然消滅したんだろうなぁとばかり。
「お久しぶりです]と打っているのあれ、劇中のメール登場通りに、本当に久しぶりだったんだろうなぁ……と(^^;
 >結花は何故こんな相手を今も好きなんだろうと、今回つくづく思いました。
海堂はもともと色々アレなりに、最近はちょっと良い所も描かれていたのに、前回今回ですっかりまた最低になって、どうするんでしょうねこれ……(^^; 即座に自首しろと言い出す辺りはさすがに引いたのですが、一体全体どこへ行くのか。
 >あの海堂よりは、たとえば勇治に想いを寄せてた方がまだよかったような。
勇治に対しては、「恋愛」より前に「尊敬」になってしまった感じですよね。世界の果てで二人きりで生きる分には、今作で最も相性の良いカップルなのかも、と思います。
 >これはあえて徹底して「実りのない想い」を描いているのですかね・・・?
物語の中で悲惨な境遇に追い込んで視聴者に感情移入させるポジションである結花に対して、作り手としてバランスを取ろうとしたのか、井上敏樹はどこか結花に対して冷たいというか、「愚かしさ」を故意に強調しているのだろうか、みたいな事は感じます。その象徴が海堂への想いになっている所があるのかなーと。
◆タイキさん
 >でも逆に言えば本作における戦いとはボーゾックもカーレンジャーも遊び感覚で行える程度の軽い戦いとも言えますね。
ボーゾックは特にそういう傾向が強いですよね。そこがギャグでもあり怖さでもあり、そして遊びでも人が死ぬ、という。
 >カーレンジャーって実は既に自分達の好きな車を作って乗り回すという夢を既にこのRVロボで疑似的に実現してるんですよね。
ああ成る程、合体するのが楽しみ、というよりも、思わぬ形で実現した夢の車を乗り回すチャンスに前向きに盛り上がっていた、というのは凄く納得です。そう考えると、次の回で一部メンバーが死にそうな目に遭う、というのは割と計算したバランスなんですかねー(笑)
 >ブレーキの反動を利用して立ち上がるとか何気に理に適ってる合体完了の仕方ですし。
スピード感だけではなく、振動や制動も表現されている、というのが面白かったです。
 >多分恭介はこの数話でクルマジックパワーが骨の髄まで染みこんでるんですよ!(え?)
やはり、遅効性……!(笑) この辺り、既存のヒーロー像ってちょっと離れて見ると割と危ないよね、というのを計算された狂気で描いたのが『ジェットマン』で、突き放したギャグとして見せているのが今作、と考えると面白いですね。
 >多分「ニンニンジャー」の下山健人さんがやりたかったことってこういう「コミカルに酷いことをサラッとやらかす戦隊」みたいなのじゃないでしょうか。
身内でけっこう酷い事するのが、そういう狙いがあったというのは確かに腑に落ちますね。『ニンニン』の場合は、下山さんのやりたい事なのか、下山さんにやらせたい事なのか、が混線してしまった感もあって、吹っ切れきれなかったのが残念でしたが。
 >でもこの回の恐ろしい所は結局菜摘と洋子の喧嘩の原因自体は全く解決されてないままなんですよね。
……そういえば(笑) 元々は仕事の話だったので、再燃必至なんですね(^^;
◆ゆーりさん
 >シリーズ構成乙一にビックリです。
初期作品を幾つか読んだ事あるだけだったので、ドラマの脚本書くんだ、と驚きました。どんな雰囲気の作品になるか、楽しみですね。