はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

俺たちの戦いはこれからだ

◆さやまきさん
 >巧の勇治評はホンが勘違い(今まで巧以外の人が聞いていた理想だけど巧自身は聞いてない筈的な)してるくさいか
あまりに物量多すぎて見ていて眩惑されてしまう部分があるのは今作の良し悪しですが、なんか巧はいつの間にか、勇治の一番いい所だけ見せられて理想化している、みたいになってますよね(^^;
 >そして勇治の心の針が明らかに逆方向に触れてきてるのがこの頃は凄く怖かったですね
草加だけ心変わりしてくれれば、皆で団結して悪のスマートブレインを倒そう! みたいな流れの崩壊の仕方がこの辺りはきついですよねー……。
 >啓太郎の純粋一途MAXは大先生シナリオでは間違いなく黒いフラグだよなぁと解っていながらも
 >結花の最期には泣けてしまいましたね…
さすがに結花の死亡は覚えていたので、だいぶ距離を取った視点で見てしまいましたが、薄幸のヒロイン道を貫く形になってしまいましたね。事故死の後の夢だと思えば、最後に啓太郎と繋がり合えたのは幸せであったのかな、とは思えますが。
 >人の姿をした怪人を信じる信じないというテーマが形を変えて継続してるのかなぁ(仮面ライダー自体のテーゼでもありますが)
特に『ファイズ』の場合、怪人とヒーローが映し鏡であるという要素が中心的なので、そこが強いですよね。『ブレイド』は、相川始とは何者か、という要素の整理に時間かかって前半はその辺りがうまくまとまりませんでしたが。