はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

デンジブーメラン

◆輝剣さん
 >今回は一言で言うと、スゴいブーメラン回だったんでしょうね。
 >お前らは弱いから戦う必要がない、俺に任せろとキュウレンジャーが言われる立場になったんだと。
あーあーあー! 相対的な弱者として「家帰って寝てろ」と言われたキュウレンジャーがどうするかを通して、今作のヒーロー像を描こうとする意図、というのは成る程、ようやく倒壊物だらけの今回の展開が腑に落ちました。……腑に落ちた上で出来ているとはとても言いがたいですし、『キュウレンジャー』20話分の集約は「弱いヤツは家帰って寝てろ」という事だったのか……という、何か根本的な所で暗礁に乗り上げた感じですが(^^;
 >色々足りなさすぎて納得できないですが。
キュウレンジャー、基本的に「殺ス」「殺ス」「幕府ゼッタイユルサナイ」戦隊ですが、ツルギに何言われても「戦ウ」「戦う」「幕府ゼッタイユルサナイ」で反応に特に変化が無いので、対立存在をぶつけた意味も特に生まれてないんですよね……。
 >バイオマンの映画は「ドクターマンは頭の切れる敵ボス」という描写が一貫していてバイオマンのキャラは薄かったにもかかわらず素直に楽しめました
ツッコミ所という点も含めて、良くも悪くも構造的に悪役サイドが立っていれば楽しめる、的な所はありますよね。キュウレンジャーは戦隊側の人数が多いからこそ、継続的な悪役を芯として一人は置いた方が良かったかもですね。
 >せめてツルギさんには上から目線をやめることなく、俺様キャラを貫いて欲しいです(キャラへの好感度は別ですが)
こうなるといっそ、キュウレンジャーを一度根こそぎ解体するぐらいの強さを見せてほしいですね。そこまでやってくれればまた、違った展開も見えそうですし。
◆gariさん
 >ここ数年ではトップクラスの出来と言う評価が主流なようで、1ヶ月短縮を惜しむ声も多いです。
おお、随分評価高くなっているのですね。序盤がまさに篩い分けだったのか……。
 >ビルドの9月スタートはそこらへんの事情もありそうです。
いきなり年末商戦、というノルマが多少は和らぎそう、というのは良い方向に転がってくれるのを期待したいですね。