はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ペガさんの秘密……?

◆さやまきさん
 >キングがゼロにウルトラ戦士養成ギブスを着せて拘束
そうやって皆、先輩をさん付けで呼ばずにはいられない体質に改造されていくのですね……。
 >ゼロは父親のお礼参りにベリアルをフルボッコ
目つき悪い先輩は、なんか思った以上にヤンキーそのものだったんですね……(笑)
 >視聴者と登場人物(地球人)は同じ情報共有度(自分の生きてる地球や宇宙は普通に存在してると思ってる)で
 >実は一度滅んでキングが融合して再生された事が話の展開の中で徐々に明らかになっていって
今出ている材料から見ると、そういう狙いであったと考えた方が、スッキリしますよねー。わかりやすさ優先に修正したのかもしれませんが、それと情報選別の曖昧さが悪い形で噛み合ってしまっているなぁと。
 >視聴者にはスタートで原因と結果まで見せられてしまったので
 >何を見せられてもスタートに繋がるだけで驚きもなにもない
結果として仕込みっぽい微妙な違和感その他が、物語を引っ張る謎ではなく、描写不足に見えて物語の面白さを減じてしまってますよね(^^; 今回の少年なんかも、潜在的ウルトラマンの事を覚えていた(子供の方が覚えている?)という仕込みの可能性もありますが、そういうのが上手く回っていない感じで。
 >新フォームはロボっぽい演出が良い意味でウルトラをはみ出してる感じがして良かったですし
熱血加速パンチとか、ロボっぽいギミックを取り込みつつも、納得できる範囲でまとまっていて、格好良かったですね。
 >(アイスラッガーを手足に装着するのはWのファングジョーカーを思い出しましたww)
言われてみると、あの回し蹴りは……(笑) 仕組みが前作と似ている分、各フォームの前作との差別化は意識してくれてそうで、見せ方は今後も楽しみですね。
◆五月サツキさん
 >宇宙大統領だったみたいですけど、種族差別や人格否定と捉えられる発言をサラッとするあたり支持率低そうです。
額面通りに受け止めると人間として問題がありすぎるし、実は意図があってわざと挑発していた、だとあまり面白くないしで、ホント凄く困った立ち位置になってしまいましたね(^^;
 >実力が高いのはわかるといえばわかるんですけど、果たして人望はあったのかが不思議でなりません。
もういっそ、大統領はリアル駄目人間だった、まで突き抜けると面白いかもですが……。
 >ていうかこの人、職業でも差別してますね。やっぱり支持率低かったんじゃ。
極端な話、表の顔はシェフ、裏の顔は仕事人、とかもありえるわけですし、凄く評価が表面的ですよねー。それをスパーダとラプターが実力で覆すというエピソードのつもりだったのでしょうが、むしろツルギが自分の物の見方を変えていく話にした方がスッキリしたのでは……という感じで。
 >反鳳ツルギ勢力がジャークマターに所属している可能性もありそうです。
ショーグンの正体は元腹心とか、身内(救世主?)の裏切り者という可能性は高まってきた気がします。
 >あとグリーンであるハミィがヘラクレスキュータマを使ってムキムキになったあたり、やっぱりマジレンを意識してるところがありそうですね。
ああ成る程、ありましたねマッスル兄者! という事はこの後、ツルギの愛馬が出てきてラッキーと合体してしまうのか…………て、ペガさん?!
 >スパーダがヒカル先生のようなナチュラルにセクハラする爽やかな変態になる可能性はワンチャンありますね(現実逃避)。
爽やかに個室に忍び込み、爽やかに日記を盗み読みし、「ぼ、ぼくはハミィちゃんの保護者だから!」と激しく狼狽するスパーダ……! あ、なんか、凄く見たくなってきたんですが(待て)
 >流石に後先考えずにアルゴ船復活に必要なキュータマを持ち出すわ、アンタレス使うわでやらかしたので謹慎処分中と解釈しました。
ルーレットでこうなりました、より、今回に関してはそういう所をハッキリ描いた方が良かったかもですね。命令違反云々はエピソードの中心にした事がある要素でもありますし。
◆インザファイトさん
 >扇澤氏の脚本ですが、まあカブト終盤からの流れで感覚を取り戻したようで何よりです(笑)
ほぼゲスト参加という事もあってか、身軽に書いている感じですね。
 >カブタックの名乗り向上「君の勇気がこの胸に!熱く響いていい感じ!」とシチュエーションを合わせてきてるのがまた憎い演出ですね。
きちっとヒーローとして格好良くて良かったですねー。少年との心の繋がりが重視されて、カブタックはどういうヒーローか、というのが2回目の視聴でも伝わってきましたし。
 >しかも今週、「カーレンジャー」でも女装があるんですよね(笑)(脚本は荒川氏ですが)
なんだかんだ戦隊も女装は割とありますが、東映ヒーローと女装の歴史というのも、どの辺りから始まっているのか……(笑)