はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『激走戦隊カーレンジャー』感想16

◆第23話「王女様にオーバーヒート!」◆ (監督:坂本太郎 脚本:荒川稔久
「信頼ある伝説筋」っていったい。
荒川さんによる浦沢ワールド的表現として実に秀逸ですが、どこかで使いたくなるフレーズです(笑)
「宇宙スポーツ」(通称:宙スポ)の記事から、伝説のパワーストーンが遙か昔に地球に落ちたらしいという情報を入手するガイナモ。教授がそれを使ってチーキュを花火にする超兵器を作ろうと提案し、伝説筋によると代々それを受け継いでいるという王女を狙って、頭に聖火を乗せ月桂樹を被った五輪怪人・VVゴリーンが地球へと派遣される。
アトランタ五輪合わせだったのでしょうが、人体筋肉図がタンクトップを着ているようなインパクトのあるデザインに、王女追跡と戦闘で見せる多彩なスポーツ攻撃が面白く、秀逸な怪人でした。
そして以前に、折り込みチラシが入っていたという新聞はいったい誰が読んでいるのか? という疑問を持ちましたが、1面から如何にも怪しげなスポーツ新聞を、総長が購読。またボーゾックは、スポーツ新聞で1面トップのネタにされる程には知名度がある模様です。……第2話でバリバリアンにビーム撃ち込んできたUFO、劇中トップクラスの戦闘種族だったのでは(笑)
その頃、万国宝石博覧会の開催に向け、世界各国から様々な宝石とそれを所持するVIPが日本に集まっていたが、そんな雲の上の出来事とは無縁な一般市民達は
「仕事さぼって食べるアイスクリームって、なんでこんな美味いんだろうねー」
と5人揃って、小市民的幸福に浸っていた。
通りすがりの王女様に道を教えた5人は、その後どういうわけか竹下通りに繰り出すのですが、さすがに社長、5人全員即日解雇しても許される案件では(笑)
そこにダップからボーゾック反応ありの通信が入り、五輪怪人にダッシュで追われる王女のピンチに駆けつけるカーレンジャー。可愛い女の子が近づくと緊張して行動不能になってしまう(黄と桃相手にも最初はそうだった、とフォロー)、という土門の言葉を真面目に聞いていなかったらしい赤が王女様を青に託し、赤面オーバーヒートで変身解除してしまう土門。
とにもかくにも土門は王女と車で逃走し、定番の秘密の逃避行を、後楽園ゆうえんち回に強制接続。更に、怪人の変幻自在のオリンピックパワーの源は胸のメダルに違いない、と怪人の隙を突く謎のコスプレ作戦を仕掛け、夏休み中という意識もあってか、バラエティ豊かなドタバタ劇で展開。
……助けを求める町娘(土門)と、それを追う浪人(王女)、という組み合わせに、脚本なのか監督なのか、浦沢ワールドへの意識を強く感じます(笑)
一度はメダルを奪い取る2人だが再び取り返されてしまい、王女に対する緊張のあまり変身不能の土門が人質になってしまう。模造刀とはいえ自ら怪人に切りつけたり、土門を救う為に観覧車から飛び降りたり、見た目と違ってかなりアクティブな王女は土門と引き替えにパワーストーンを渡そうとし、メキメキと上昇していく土門のダメヒロイン力。
そのままヒロインレースに乱入してしまうかと思われた土門だったが、王女の姿に一念発起すると極度の緊張を克服。ブルーレーサーに変身し、落下した王女のお姫様キャッチに成功する。
「待てーい! お待たせぇー!!」
青が問題を克服した所で、主題歌のイントロに合わせてそれぞれ遊園地のアトラクションに乗りながら4人が駆けつけるのは、これぞ様式美の格好良さ。
ジェットコースターの先頭に腰に手をあてて立っている緑が一番格好良くて、垂直降下型のアトラクションに座って降りてくるだけの赤が一番間抜けなのがちょっと謎でしたが、ここのところ緑にこれといったスポットが当たっていなかったので、その辺りの配慮でしょうか。
「「「「「戦う交通安全! 激走戦隊・カーーーレンジャー!」」」」」
集合した5人はゴリーンを撃破し、巨大化後は砲丸投げ攻撃を受けるも、シールド円盤投げから激走斬りでフィニッシュ。
その後いきなりの激走音頭ENDとなり、シグナルマンとサイレンダーはここだけ登場。シグナルマンが堂々と盆踊りに参加する一方、ダップはほおかむりをして顔を隠しているので、その存在はまだ秘密の模様。これだけ宇宙人が跳梁跋扈して平然と流されている世界では、もはやダップが身を隠している理由は限りなく薄い気はするのですが…………あれか、ペガサス社屋の不法占拠と違法改造シグナルマンにバレると逮捕されるので、身から出たサビか。
盆踊りの最中、奮闘した土門が王女様からお礼に頬にキスされて昏倒、でオチ。
次回――赤と緑の漫才予告で、サボり魔恭介、リーダー解雇の危機?!「「夏休みは、車に気をつけて、元気よく遊ぼう!」」。