はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

黒い霧

◆めるさん
 >バランスも流石に思いがけない展開に落ち込みはすれど、済んだことで腹をたてるより、
 >わがままを通す交渉材料にするような人なんだろうと思ってバランスらしいと納得していました。
ああ、敢えて飲み込んだ上で交渉材料にして司令と腹芸を展開している、というのは怪盗というアウトローらしさもあって良いですね。最近すっかり、バランスの黒い面については忘れておりました……(^^;
◆Nさん
 >大宇宙は金で回ってると痛感せずにはいられないやり取り笑
 >今回、ダップとか、RVロボとか、一匹狼とかいろいろあったはずなのに、この序盤が強烈で、どれよりも印象に残ってしまいました笑
あれ、買収資金がガイナモの預金なので、結局ボーゾックの中で金が回っているだけ、というのがホント酷いですよね(笑)
◆レオキさん
 >はじめまして。戦隊ファン歴は浅いですが、いろいろ思うことがあり、コメントさせて頂きます。
はじめまして、コメントありがとうございます。
 >何だか、当初の設定というか意図している方向に向けてないという印象です。
広げると面白そうな設定があるのに、そこをうまく活かせていない、という感じはどうもありますよね。
 >ラッキーの口癖であり、アイデンティティーである「よっしゃ、ラッキー」どこへ行った?とサソリ兄弟編あたりから、思っていました。
1クール目は凄く押し出していたのに、急激に減らしすぎましたよね(^^; その煽りで、キュウレンジャーとはこういう戦隊だ、というのが一緒にぼんやりしてしまったのかなという気がしています。
 >そう考えると、当初設定に不安視されていたゴーカイジャーって凄かったのかなと思います。
『ゴーカイ』は面白かったですね。好きな戦隊です。
 >わずかに残った希望がなくなるまで、見守りたいと思います。
キャラにしろ舞台設定にしろ、ポテンシャル自体はあると思うので、どこかでかちっとはまって、化けてほしいですね。
◆タイキさん
 >恭介って顔や性格はそうまでもないですけど、声が歴代レッドでもダントツカッコいいんですよね。
ああそうか、恭介のここぞの格好良さはどこから出てくるのか……と思っていたのですが、確かに凄くいい声してますね。説得力のある声、というか。
 >戦隊シリーズでも数少ない人海戦術ですね。ギャグ展開ではありますが、やってることは結構白兵戦の理を抑えているのが今作の何気なく凄い所です。
意外性とこれまでとは度合いの違うピンチが表現されて、これ凄く良かったですね。
 >実はこれが後の展開への重大な伏線になっていようとは私自身想像しえなかったので見逃せないポイントです。
えええ(笑) ゾンネット(の女優さん)は、割とそれらしく歌えるよなぁとか感心している場合ではなかったのですね。