はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

開けてないタンスを求めて

ドラゴンクエスト11』は、現在主人公LV51。
グランドクロスを使う度に、脳内でフラッシュキングのテーマが流れ出す特撮脳。
中盤からストーリー進行に若干の自由(というか意図的な遠回り)が効くようになるのですが、話を進めずに移動可能な範囲のギリギリまで行く、という、無駄な寄り道中。
アレがアレだったせいで、メタルハンドと壮絶な死闘を繰り広げたりする羽目になりました。
ザキで二人仕留められて、今までで一番「全滅」に近づいて焦った焦った(^^;
全体的に難度は抑えめという造りですが、特にLVアップの効果がかなり大きいので、しっかりLVを上げていけばスムーズに進行できるという印象。また、従来シリーズと比べると、比較的メタル系を倒しやすい印象もあります。これからどうなっていくかはわかりませんが、とにかく前半でつまづかないように、という事を意識したと思われる親切設計。
個人的には白い地図を埋めていく方が好きなので、最初から地図持ちなのは不満点ですが、基本的にマップ広げればどこへ行けばいいのかがわかる、というのも想定ユーザーをかなり幅広く取っての事なのかな、と。
まあこの辺り、ある程度煩雑なオープンワールドRPGになると逆にマップ必須になるので、マップの有無でどちらが楽しいか、ちょうど端境ぐらいのデフォルメ加減のゲームの難しさかな、とも思うところ。
ツボを割るのは引き続きとても楽しいです。