はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

久々の立体

創動ビルド買ってみました。
箱開けたら、輪切りにされた胴体が入っていて動揺(笑)
付属パーツのドリル剣欲しさに片方ダイヤにしてウサダイヤにしたのですが、本編で(現時点で)見ていないフォームは、意外と不思議な気持ち。そして組んでいる時に、あれ、よく考えると第2弾でニンジャとガトリング出るのでは……? と思ってサイト確認したら、10月にニンジャもガトリングも出る予定でした!
まあ更に確認したら、そもそもガトリングニンジャは組み合わせ不可だったんですが(笑) ちなみに近所ではハリネズミと掃除機が既に売り切れていたのですが、セット内の箱数の関係かしら。掃除機は実は割と好き。
ボディはベースの黒に各シンボルカラーという基本2色成型でコストを押さえつつ、不足部分はシールでカバー。このシールが割ときちっと出来ていて違和感がなく、卵が先か鶏が先かわかりませんが、玩具展開とデザインというのはやはり密接に関わっているのだなぁと改めて。
個人的に一番良かった点は、ボディ二分割という設計からか食玩にしてはややサイズ大きめの感じがあり(以前に買った掌動タイタンおじさんよりは半回りほど大きい)、ぱっと見のボリューム感で見栄えする事。
その上で稼働とバランスは、さすがの出来。
不満点をあげるとすると、手首部分が肘から先と一体なので、微妙な表情付けが出来ない事と手首パーツ差し替えの可能性が無い事ですが、うさぎさんポーズ用手首(フレミングの法則です)は欲しかったなぁ(笑) それをやりたい人は、フィギュアーツ買ってね、という事なのでしょうが。
ただ握り手で、ねるねるねるね無心の構えが取れるのは素晴らしいですし、各種決めポーズそのものはなんとなく取れるので、しっかりツボを押さえてくれています。動かしていると、じわじわ楽しい。
見栄え的には、この出来で煙突コウモリ出てくれると並べるのに良い感じですが、敵キャラのラインナップはあるのかどうか。
後は、ウサギセットに入っていた、半端なダミーボディをどうすればいいのだろう……(笑)