はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

盗掘ドリーマー

◆さやまきさん
 >幼い子供はビークル玩具であれば飛行機だろうが潜水艦だろうが関係なく床に擦り付けて転がして遊ぶので
 >必ず車輪(しかも金属の)を付けるんです!
あー!! 今、自分の幼時の思い出的なものがまざまざと甦りましたが、物凄く納得です(笑) さすがは村上克司
 >戦隊メカは村上イズムがちゃんと継承されてるんですよね〜
そう考えると、冒険的に水中メカが欲しいのに加えて、ボウケンマリンそのものに、昔風ビークルメカのオマージュ的な要素もあったんですかねー。
◆タイキさん
 >そのせいか放映当時は「ゴウトウジャー」なんて言われてましたね。
悪役サイドとヒーローサイドのやっている事が基本的に同じ、というのは大胆かつ面白い設定で、今後どう描かれていくか楽しみです。
 >チーフや他メンバーにあれこれ言いながらも決して仲間としての活動自体は否定しない、典型的なツンデレですねw
ブラックである事を認めてからは、素直に集団行動に従うっていう(笑)
 >理屈先行過ぎる會川脚本は個人的に今一つ苦手なとこです。
一時期凄く苦手だったんですが、『ブレイド』以降、やり方がわかってからは、見られるようになってきました。
 >仲間達のことも「俺に付いて来て当然だ!」って感じが凄くします。
チーフはなんというか、自分に自信がありすぎて罠に正面から突っ込んでいきそうなタイプな気がします(笑)
 >恐らく會川さんとしてはこの菜月の素性を物語のフックとして盛り上げ所や伏線を提示したつもりなんでしょうけど、やや消化不良気味でしたね。
チーフがぶっ飛んでいる分、キャラ的には真墨と菜月に感情を寄せてらもう構造だったのでしょうが、菜月に対応させたさくらの感情の動きがわかりにくくなってしまいましたよねー。
 >戦隊シリーズ30作目ということもあり、実は4話からEDの後に歴代戦隊紹介のコーナーがあるんですよ。
おお、そんなコーナーがあったのですか。配信に入っていると嬉しいですが。
◆あきさん
 >もっとニチアサでも見たいのですが、宇都宮さんぐらいしか扱えるPがいなさそうなので難しいかな〜と。
會川さんも50を過ぎてキャリアの転換期みたいな意識もあるようですが(師匠の長坂秀佳もそういう感じだったらしく)、もう一回ぐらい、メイン作品も見てみたいですね。
 >シンケンとの類似点を指摘された方もいらっしゃいますが、例えば他にゴーカイにも通じる部分があるなと。
第1話から「泥棒」連発された黒も居ましたが、確かにちょっと、全体にアウトローぽい雰囲気が漂ってもいますね。お宝を求める、というのも共通項ですし、ピカレスクロマン的な要素は確かに今作にも感じます。
 >ボウケンは30作記念として本当は過去戦隊もゲストで出したかったけれど果たせず、ディケイドを経てゴーカイで実現したという経緯もあり
ゴーカイの前に、そういう流れがあったんですね。
 >前年が「兄ちゃん姉ちゃん力合わせて頑張ろうぜ!」なアットホーム戦隊から一転、「マグマに焼かれるか俺の部下になるか選べ!」という作風の激変
改めてそう並べると、割とトンデモですね(笑) で、気付いたのですが、チーフって、赤・リーダーだけではなく、戦隊マッド司令官の要素も持ち合わせているのだなと。
◆橘まことさん
 >実は、青の一言目が「そうそう蒼太」の名乗りになっていまして、最後に満を持してレッドが顔出しと名前判明を同時に行う、という構成になっています。
冒頭で黒が馴れ馴れしく「さくら姐さん」と呼びかけるのがちょっと強引に感じていたのですが、なるほどあそこで赤以外の4人を一気に紹介しておいて……という構成だったんですね。
 >會川さん曰くプロデューサーの日笠さんは戦隊=5人を絶対的な正解とは考えておらず、3人と対立する2人の構成にしたかったそうで、
 >でもそれだと5人の団結までを描くのが難しいと會川さん・日笠さんの間でかなり意見の交換をされたそうです。
ああもうちょっと、例えば『キュウレンジャー』で私が当初BN団に期待していたような、利害関係であれこれやりつつ……みたいな構想だったのですね。確かにそれはそれで、(助走期間が長くなりそうですが)腰を据えて描くと面白そうな。
 >「5人がチームとして冒険に挑む」までをプロローグとして入れる、というのが、會川さんの矜持だったのではないかなあと思うところです。
戦隊やるなら“戦隊”をやろう、というのは會川さんらしい感じですよねー。
◆五月サツキさん
 >ガジャ様はヒロインだった……?まあ後々コミカルな部分も出てくる面白キャラになりますが。
神に仕える存在・遺跡から目覚める・主人公達の前でさらわれる、とこれもう、ヒロインリーチではないかと、私の中で大変評判です(待て)
 >真墨はいい奴です。ツンデレです。菜月に対してはかなり甘いというか保護者ぶっているというか、心を許しているんですよね。
インプリンティング……(笑)
 >あ、ドSなのは間違いないです。
考えてみると、戦隊レッドでドSなのは、かなり珍しいでしょーか(笑)
 >菜月とさくらのシーンは当時は気にならなかったのですが、今見ると姐さんちょっとちょろくない?と思いました。
それまで理で行動していたのが身の上話を聞いたら急に情が湧いた、みたいなのがちょっと忙しかったですよね(^^; これがもう少しキャラや背景が描かれてからだと、意外と情に脆い一面がとか、過去に思う所があったのかとか、印象が変わる事に説得力が増しますが、第2話というのが少し早かったのかなぁと。