はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ふたりはウサドラ

◆ゆーりさん
 >現状、ビルドの問題点はここに尽きますね。いや脚本がこれでも映像の見せ方でいくらでもフォローのしようがあると思うんですけど。
今回は特に、演出でどうにか出来たのでは、という感じでしたよね(^^; 2人の関係の変化という点では劇的な場面だっただけに、惜しいところでした。
 >まだ6話なんですけど二転三転してるコンビですねえ。落ち着いてベストマッチになるまで結構引き延ばしそうです。
この辺りの転がし方は面白いですよねー。メインキャラクターを絞っている分、心理にも納得しやすいですし。
◆さやまきさん
 >やはりガーディアンを背後に置いた喋りがちょっと困りものですね(苦笑)
展開自体は、成る程こう来たか、という面白さがあっただけに、悪目立ちしましたね……(^^;
 >この前の時にガーディアンは目的以外には視界が狭くなるとか視界の範囲に一定の限界があるとか静止したものは認識しないとか
 >なにか理由を言っておくべきだったか…
命令を優先するロボットゆえの盲点、みたいなものは解釈可能ではありますが、そこを突いてピンチを切り抜ける、みたいなシチュエーションを先に見せておいてくれても、という感じですよねー。独自の面白みにもなりますし。
 >あ、龍我変身失敗に合わせたかのように?(笑)玩具のビルドに鯛焼きプレス再現フレームが発売するみたいですね
おお、そんなものが。小道具としては面白そうですね(笑)
◆橘まことさん
 >ネガティブが複数存在するのも、『ガオ』のハイネスデューク交代劇がもとになっているのだとか。
『ジャンパーソン』じゃ、なかった……!(笑) コンパチメカ的な作りはやはり、『ガオ』の継承なんですね。
 >完全なヒーロー的言動をさせるのは「演じているだけ」ということで成立するし、同時に成長物語を描いても問題ないと。
記憶喪失という設定を活かして、上手い所を突いてきましたよねー。「ヒーローとは何か?」というのを思った以上に正面からやってくれそうなのも、楽しみになってきました。
 >翔太郎&フィリップのように、身体はタロウ精神は葛城とかなのでしょうか。
おお成る程、ネビュラガスの作用?で、ボディはバンドマン・頭脳は天才研究者になっている、と考えると諸々繋がりますね……! そこから「過去を取り戻す」のではなく「桐生戦兎になる」物語とかは格好良さそうですねぇ。