はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

赤い鎧が悪いのか

◆五月サツキさん
 >真墨は菜月以上におこちゃま気質なところがあるので許してあげてください(笑)。彼も例外なく暗めな過去があるので。
ああそうか、見た目が二枚目方向なので誤魔化されますが、真墨って、要するに悪ガキ路線なんですね……(笑)
 >時には行き過ぎるくらいに仲間を大切にする(しかしドS)のチーフと、部下をぞんざいに扱うリュウオーン陛下の対比。
財団絡みではいきなりフルスロットルの今作ですが、エピソードのポイントに絡めてヒーローと仇役の対比と因縁付けを序盤にきっちり行っていて、この辺りは手堅いですよね。
 >ここで特訓描写を入れることで、新ビークルが次々に投入されても違和感がなくて上手いなあと思いました。
1つの新兵器登場回で、今後への布石も複数打ち込んでいて、今回は実に上手かったですねぇ。
 >リュウオーン陛下は……えー、前回といい今回といい仲間・部下関連で気が立っているチーフ相手だったので分が悪かったというか……。
そういえば、2回続けてチーフの精神状態が攻撃的なタイミングだったんですね(^^; まあ今回は自分で背後から仕掛けましたが(笑)
◆スピリットヒューマンさん
 >前作より下ネタが多めでしたが、面白かったです。
ああ確かに、ちょっと多かったですね(笑) テーマ的に「種子」て要素があったからなんですかねー。
 >どのキャラクターにも見せ場をつくり、家族というテーマを用いて作品をまとめたのは素晴らしいと思いました。
見せ場のバランスと、主要キャラそれぞれにテーマに繋がる要素をしっかり与えているのが上手いですよね。