はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

パワーレンジャーヨーカン

◆タイキさん
 >菜摘って気の強い女性ということもあって、かなりご都合主義的に強いキャラという印象が無きにしも非ずだったから、
 >この回でその本質にきっちり言及し、実は菜摘だってちゃんと苦労や努力があるんだよってことを描いて来たのが好感持てました。
確かに菜摘、劇中ヒエラルキー上位キャラの強引な強力さ、というのはありましたね。今回はホント、その菜摘の弱さを乗り越えさせた上で、クライマックスの無双に繋げる、という段取りが良かったですねー。
 >ただ、このエピソードは出来れば中盤辺りでやっておいて欲しかったものではありますが。
今作、シグナルマン話をやっていた頃に、各キャラを補強できなかった、というのはありますよね。
 >芋羊羹=人々に美味しく食べてもらう為に芋長のおじさんが精魂込めて作ったもの(=善)、
 >悪のスパナ=悪の車星座が生みだした(=悪)であり、
 >それらを逆転させて使わせることによって力それ自体に善悪があるのではなく力の使い手の意思次第で善悪が決まる
おお成る程、素敵な見立てです。そう考えると、突然降って湧いたマジックアイテムではなく、実は本編当初から所持していたスパナが悪の伝説の存在だった、という事にもまた意味が出てきますねー。曽田さんが芋羊羹という巨大アイテムを気に入って(気になって?)、その意味づけを考えようとしていた、とかあったのかもですね。
◆さやまきさん
 >カーレンの戦い終わった後でいつの間にか2台がメガレンの敵に捕獲されていて
敵も違うのでしょうが、原作ヒネラー一味は戦力の現地調達が好きなので、なんか妙な納得感がありますね(笑)
 >メカに人格があるというのを上手く拾ってるなぁと変な感心をした覚えがありますww
向こうの感覚だと世界観繋がっている方が自然?だったりするのでしょうが、色々と工夫があるのですねー。そして原作で微妙な扱いの車を補強している辺り、気が利いているというか。
◆ponさん
 >ここで思い切って三話かけたのが話に説得力を持たせたと思います。
最終章がどうなるかはまた別に、きちっと山場を作ってきたのは良かったですよねー。
 >「ちょっと、高寺さん?」となりました(笑) 
高寺さんもホント、良くも悪くもですよね……(笑) まあそういう、癖の強い人が活躍する世界ではあるのでしょうが(^^;
 >もしかしたら、マスター自身も駄目親父なのを認識してるから
 >子供に合わせる顔がない、というところがあるのかもしれないですね。
あー、もっとこう、古い世代の映画に出てきそうなキャラなんですかねー。マスターのキャラ作りも考えると、なんだか納得です。最低はやっぱり最低ですが……(笑)
 >名前に相応しい容姿の奥さんの前で血迷った本官ですが 後で格好良い父ちゃんを見せる機会を得られて本当に良かった。
家族を愛するキャラなのにあのギャグだけだと……と思っていたので、本官の見せ場は本当に良かったです(笑)
 >菜摘さんはメカニックに夢を抱いているのが伝わりますし。 (経理は現実に向き合う分、私生活に夢見るのかなと)
ああ成る程、ロマンの方向性が個性になっている、というのは凄く納得です。今作こういう、お仕事戦隊としての要所が締まってますね。
 >カーレンジャーも楽しく書けたという曽田さん最終作、すっきり気持ち良い終わり方だったと思います。
80年代に消耗しつくしてしまった曽田さんが、90年代にサブポジションで佳作を何本か残してくれたのは、何だか良かったなーと思うところです。